ホメオパシー

がん患者さんのホメオパシー

肺がんと診断された、

62歳の男性が、相談に見えました。

首や胸のリンパ節転移のほか、
副腎と肝臓にも転移がみつかり、
抗がん剤治療を始めたそうです。

ところが、間質性肺炎を併発し、
治療薬の変更を、余儀なくされています。

「抗がん剤のほかにも、
なにかできることがあれば試してみたい」
と来院されました。

「会社を立ち上げて10年、
やっと落ち着いてきたかなと思ったら、病気でしょ…。
参りました…」

ご自分の病気のことだけでなく、
会社のこと、従業員のこと、会社の借金のこと、
そして家族のこと…、
不安なことがいっぱいだといわれます。

夜になると、特に不安が強くなり、眠れません。
時には、
「このまま、死んでしまうのではないか」
という気持ちに、襲われることもあるといいます。

がんの患者さんは、病院を受診した日から、
次から次と、さまざまな不安に襲われています。

その一方で、
目の前にある、たくさんの問題と
向き合わなくてはなりません。

「よくならないのではないか…」
といった、病気や治療に対する不安もありますし、
死の恐怖を感じることもあるでしょう。

また、経済的な不安もあるかもしれません。

仕事に復帰できるのだろうか…、
治療費の支払いなど、出費がかさむことなど、
不安は尽きません。

そのようなとき、
ホメオパシーのArsenicum albumを処方します。

様々な不安を軽くすることができれば、
本人の負担も軽くなり、治療に集中することができます。

ホメオパシーレメディをお渡しして1か月後です。

「夜は、眠れるようになりました。
以前は、何もかも不安だったのですが、
今は、そういうことより、病気の治療に専念しよう
という気持ちになりました」

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。