ホメオパシー

真夜中の腹痛

28歳の女性です。
10年ほど前から、
深夜2-3時ごろ、腹痛で目が覚めるようになりました。

病院を受診し、検査をしても、
どこも悪いところはありません。

頓服の薬を処方され、
「また、痛くなったら来て」
と言われていたそうです。

ところが、数か月前から、
深夜の腹痛が、頻繁に起こるようになりました。

それも、今までにない痛みのため、
救急車で病院に搬送されるようになりました。

しかし、いろいろ検査をしても、
異常はありません。

「救急車で搬送されるたび、
また来たの?
というような顔をされている気がするんですよね…」
と言われます。

「深夜におなかが痛くなるのも困るし、
救急搬送されるのも嫌だし…。

今日は大丈夫かなって、
夜になると心配になるし…。

検査をしても異常がないのに、
どうしてこんなにおなかが痛くなるのだろう
と思うと、よけい心配です」
と、困り顔です。

知人から、ホメオパシーのことを聞き、
一度試してみたいと、来院されました。

ホメオパシーでは、レメディを選択するために、
症状以外にも、いろいろなお話をうかがいます。

彼女は、几帳面で、
なにごとも、まじめに取り組み、
時間はいつも、きっちりと守りたい人です。
冷え性でお困りで、
病気や健康に対する不安をお持ちでした。

このようなことから、
彼女には、ホメオパシーの
Arsenicum albumを処方しました。

2か月後、
「夜中の腹痛はなくなりました!
今までの腹痛はなんだったのだろうって思います」
笑顔で話してくださいました。

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。