良い睡眠は朝食から

ヒトは脳と体を休めるために眠ります。
疲れやすい人にとって、睡眠は重要です。

前回は、
「良い睡眠をとるために、朝、太陽の光を浴びましょう」
とお伝えしました。

朝起きたら、カーテンを開け、日光を取り入れます。

また、少しの時間でも、外出して、
太陽の光を受けるほうがいいと言われています。

朝、強い光を受けることで、
体内時計がリセットされるのでした。

実は、朝食をとることでも、
体内時計はリセットされています。

朝、食事をすることで、脳へと刺激が伝わり、
心と体が目覚めます。

体内時計は、光によってだけでなく、
食事の影響も受けているのです。

前日の夕食から朝食までの、絶食時間が長いことも、
体内時計のリセットに、重要なポイントとなります。

寝る直前に食べない方がいいと、よく言われます。
就寝前の食事は、睡眠や消化に直接影響するだけでなく、
体内時計にも影響しているのです。