合格しました

33歳の女性の方です。
臨床心理士の資格試験に再挑戦したのですが、
不合格の通知を受け取り、落胆を隠しきれません。
あまりに気落ちされている様子に、
かかりつけの先生から紹介をうけ、来院されました。

「もう、ボー然としてしまって…。
これから、いったいどうしたらいいのか、
わからなくなってしまいました。

来年も挑戦したいという気持ちはあるんです。
でも…、また不合格になったらどうしよう。
そう思うと、とても怖くて一歩を踏み出す勇気がありません。

それに、周りの人は就職するとか、それぞれに人生を歩んでいるのに、
私はこの年齢で、ちゃんとした職にも就いていません。
焦りを感じます。
この先、どうなるんだろうかと思うと、不安でたまりません」

バッチフラワーレメディを希望されましたので、
一緒にレメディを選んでいきました。

まず、一番の問題は、
いろいろな不安を抱えていて、先に進めなくなってしまっていることです。

また落ちたらどうしようという不安、
将来に対する不安…。

たくさんの不安を抱えておられるので、
ミムラスを選びました。

また、不合格だったことで、一時的に自信を失っておられます。
この点には、ラーチが、自信を取り戻してくれるでしょう。

三点目に、自分の進路に確信を持てず、焦りを感じておられます。
このような状態には、ワイルドオートが助けになります。

落ち着きを取り戻し、目標がはっきりしてくると、
本腰を入れて取り組むことができるでしょう。

3週間後です。
初診時とは別人のように明るい笑顔で来院されました。
ピンク色のセーターをお召しで、服装にも気持ちの変化が見て取れます。

「前を向いて進んで行こうって思います。

不安が全くないわけではないんです。
それでも、また挑戦しようって決めました」

「バッチフラワーを飲んで、気力が出てきたと思います」

「バッチフラワーを飲むと、ほっとするんです。
それに、ぐっすり眠れようになりました」

試験準備のための講習会を受講することに決めたのだそうです。
体力も必要だからと、ウォーキングも始めたとのこと。
すでに、ご自身で一歩を踏み出されていました。

初診時から一年後、彼女から
「臨床心理士資格試験に合格しました!
資格登録の手続きも終えました」
というメールをいただきました。

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。