バッチフラワーレスキューレメディ

以前、「介護のためのバッチフラワーレメディ」、「バッチフラワーレスキュークリーム」
の中で、レスキューレメディとレスキュークリームを紹介しました。

今回は、このレスキューレメディとクリームについて、すこし解説しましょう。

バッチフラワーレメディは、原則、その時抱いている感情に合わせて、レメディを選択します。
しかし、緊急事態では、気持ちを分析している時間などありません。
そのような、緊急時に、すぐに使えるようにと、
バッチ博士が、5種類のレメディをブレンドして、レスキューレメディを作りました。

5種類のレメディとは、ロックローズ、クレマチス、
インパチエンス、スター・オブ・ベツレヘム、チェリープラムです。

レスキューレメディは、さまざまな場面で使用することができます。

たとえば、重大な病気を言い渡される、リストラを宣告される、
また、交通事故にあう、火事を目撃するなど、
非常にショックな出来事に遭遇した時に用いることで、落ち着きを取り戻します。

そのほか、緊張してしまうような出来事の前に、前もって服用しておく、という使用法もあります。
たとえば、試験や面接ですとか、演奏会やプレゼンテーション、講演会など、
大勢の人の前で演奏したり、話したりするようなシチュエーションの前に用います。

前もって使用することで、緊張感がなくなってしまうわけではありませんが、
その人らしさを失うことなく、実力を発揮できるよう、レスキューレメディが助けてくれます。

また、飛行機が苦手な人は、搭乗前に服用したり、
歯科治療の前に使うと、平常心でいられるでしょう。

レスキュークリームは、レスキューレメディにクラブアップルを混ぜ合わせたクリームです。
あらゆるスキントラブルに用いることができます。

前回紹介しました、虫刺され、やけどのほか、手術の痕、湿疹などにも使えます。
ひどいやけどや、なかなか治らない湿疹は、皮膚科を受診するようにしましょう。