バッチフラワーレスキュークリーム

以前、「介護のためのバッチフラワーレメディ」というタイトルで、
バッチフラワーレスキューレメディを紹介しました。

レスキューレメディは、皮膚に塗布できるよう、
クリームタイプも作られています。
レスキュークリームは、虫刺されや、やけどなど、
日常のちょっとしたスキントラブルに有効です。

たとえば、今のような夏の時期ですと、蚊に刺されたときですね。
こういうとき、レスキュークリームを使用しますと、
かゆみもひいて、刺された痕も残りません。

やけどをしたときは、すぐに冷水で冷やすことが、一番大切な処置ですが、
そのあと、レスキュークリームを塗りますと、
痛みもやわらぎ、やけど痕も残ることなくきれいに治ります。

52歳の女性が、更年期障害の相談に来院されました。
お話をお聞きしながら、両腕に残る、大小さまざまな形の赤黒い痕が気になっていました。

お話の最後に尋ねますと、
「あぁ、これですか」と、笑いながら両腕に目をやり、
「やけどなんですよ」と言われます。
両腕のやけどの痕を、指でなぞりながら、話は続きました。

「給食を作る仕事をしているんです。
大きな鍋で、大量の食事を作るので、毎日やけどが絶えないんですよ。
私だけじゃないんです。
みんなそうなんです。
やけどしたからといって、すぐに処置するような余裕はないんですね。
そのまま、料理を続けなくてはいけませんから。
それで、一段落ついてから、氷で冷やすんですけど、
こうやってやけどの痕がいっぱい残ってしまうんですね。
なにか、いい薬はないでしょうか?」

そこで、バッチフラワーレスキュークリームを紹介しました。

1か月後にお聞きしました。
「レスキュークリームは、やけどしたとき、すぐに使えるので、
とても便利で、重宝しています。
痛みも引くし、痕が残らないのでいいですね」

「昔のやけどの痕にも塗っているんですけど、
少し目立たなくなっているような気がします」

「仕事の時だけでなく、いつもカバンの中に入れて持ち運んでいます。
よく蚊に刺されるので、困っていたんです。
そういうときも、レスキュークリームがあると安心です」

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。