看病中の家族のためのバッチフラワーレメディ

「母が入院したんです…。
それで、毎日、病院に通っています。

できるだけ、そばにいてあげたいのですが…、
一日中、病院にいると、疲れきってしまって…、
夜も眠れないし…、どうしたらいいのか…」

48歳の女性は、疲労困憊のご様子です。
お母様は肺がんと診断され、化学療法中なのだそうです。

「これから、母は、どうなるのだろう」
お母様のことを考えると、不安でたまりません。

心配なのは、お母様のことだけではありません。

「父は大丈夫なのだろうか」
「父の世話は、どうしたらいいのだろう」
「実家のいろいろなことは、どうすればいいの」

などなど、心配事が次から次へと浮かび、頭から離れません。
同じことを、何度も繰り返し考えてしまうため、
夜も眠れないといいます。

夫や子供など、ご自分の家族のことは、二の次になってしまい、
そのことも、とても気になっています。

お話をうかがい、
次のようなバッチフラワーレメディを処方しました。

オリーブは、
彼女のように、身も心も消耗し、疲労困憊した方のための、
バッチフラワーレメディです。

考え事が頭から離れず、
頭の中であれこれと、考えすぎてしまう人には
ホワイトチェストナットです。

このバッチフラワーレメディを服用すると、
落ち着きを取り戻し、自分の考えを整理することができます。

原因のはっきりした不安には、ミムラス、
あいまいで漠然とした不安には、アスペンを用います。
彼女には、両方、お出ししました。

お母様の入院という、大きな環境の変化を、うまく乗り切れるよう、
クラブアップル、ウォールナットも必要かもしれません。

バッチフラワーレメディを処方して、3週間後です。

「バッチフラワーレメディをのむと、
エネルギーがわいてきて、元気がでる気がします。

ぐっすり眠れるようになって、
疲れ切った感じもなくなりました。

今は、バッチフラワーレメディがあるから大丈夫って思えます。
私にとってお守りみたいな存在です」

笑顔で話してくださいました。

お母様からや、家族からも、
「元気そうになってよかった」
と言われたそうです。

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。