BFRP関西

前回、著書を紹介しました林真一郎先生とは、
2015年10月のバッチフラワーシンポジウムで初めてお会いしました。

林先生は主に植物療法の話をされ、
私は「バッチフラワーと医療」の話をしました。

バッチフラワーシンポジウムはバッチホリスティック研究会が毎年秋に開催しています。

この時のシンポジウムの様子は、
オレアフローラのブログ
http://oleaflora.blog114.fc2.com/blog-entry-266.html

BFRP東海のブログ
http://bfrptoukai.blog.fc2.com/blog-date-201510.html
に紹介されています。

BFRP東海さんは、「バッチ博士の遺産」の読書会や、
植物観察会などの活動の様子を発表されていました。

私は植物観察会にとても興味を持ち、
ぜひ参加したいと思っていました。

植物観察会では、バッチフラワーで使われている植物を実際に見に行き、
スケッチして観察したことを皆でシェアーします。
すると、バッチ博士の言葉がより理解できるのだそうです。

また、一年を通して同じ植物を観察していると、
一日だけではわからないさまざまなことがわかってくるうえ、
植物に対する愛着もわき、ますますバッチフラワーが好きになると話されていました。

なかなか、BFRP東海に参加することができなくて残念に思っていましたら、なんと!

BFRP関西、できました!

大阪のセラピースペースCRI  四宮美幸先生が中心となって作ってくださいました。
4月10日日曜日に第一回目が開催されます。
私も参加しますので、またご報告しますね。

興味のある方は、こちらをご覧ください。
BFRP関西
http://bfrpkansai.jimdo.com/

BFRPとは、バッチ財団登録プラクティショナー
(Bach Foundation Registered Practitioner)を指します。

BFRP関西は、バッチフラワーの勉強会を通じて、
バッチフラワーの専門家としてのスキルの向上を目指しています。