運動する人はテロメアが長い

少し前のことになりますが、第16回日本抗加齢医学会総会に出席した時のことです。

「運動習慣のある人は、ない人に比べてテロメアが長い」
という話が印象に残りました。

以前から、運動の重要性はよく耳にしてきましたが、このところ、
「運動は老化を抑制する」ということを示す報告が出てきているようです。

さて、テロメアとはなんでしょう?

私たちは、細胞分裂によって新しい細胞を作り、生命を維持しています。

細胞が分裂すると染色体が同じようにコピーされますが、
染色体の末端にあるテロメアだけはコピーされず、
細胞が分裂するたびに徐々に短くなっていきます。

テロメアが短くなると、細胞は分裂することが出来なくなります。
これが細胞の老化の仕組みです。

「運動習慣のある人は、ない人に比べてテロメアが長い」
ということは、
運動習慣のある人の細胞は、ない人よりも若々しいということになります。

やっぱり運動は大切です。
運動の必要性をひしひしと感じながら、学会会場を後にしたのでした。