北千里にある理由

病気を理由に常勤を辞めて、半年ほどたったころから、
補完代替医療を行っている診療所を探して、
見学させていただいたり、
お話をうかがったりするようになりました。

やがて、補完代替医療のセミナー受講を始めます。

そのうち、学ぶだけではなく、
自分自身で実際に治療を経験してみようと、
診療所にも通うようになりました。

大阪だけでなく、東京や横浜にも足を運びました。

診療所はさまざまなところにありました。

東京都心の駅近くのビルに入り、エレベーターを5階で降りると、
全く窓のない廊下を恐る恐る歩き、診療所の部屋を探し…
部屋に入ると、一つしかない小さな窓から見えるのは、隣のビルの壁…

診療の帰り、ここに通院するのはちょっとつらいかなと感じました。

横浜郊外にある診療所を訪ねたときは、
新横浜から30分以上電車に乗り、やっと最寄駅に到着。
駅前のロータリーを行くと、広々とした道路に出ました。
大きな道に沿って、背の高いケヤキ並木が続き、
緩やかな坂道をゆっくりと降りていきました。

背の高いケヤキを仰ぐと、青い空が垣間見え、
道には並木の作る影、そして木漏れ日、
葉を揺らす風が通り抜け、
とても気持ちの良いところです。
3時間以上電車に揺られた疲れも、和らいでいくようでした。

坂道を少し降り、大通りからひと筋入ったところに
7階建てのマンションが建っています。
診療所はその最上階にありました。
部屋に入ると、窓から明るい光が差し込み、
遠くに富士山が見えます。

その日の帰りは、次回の訪問が楽しみでした。

元気な時には気にならないことも、
体調の良くないときには、
ちょっとした気分の変化が体調に影響します。

私が診療所のテナントを探しているとき、
気にかけたのは、この感覚でした。

クリニックに来てくださる方が、
その道中で、少しでも気分が和らぐような、
緑の多いところがいいかなと思っていました。

北千里駅からクリニックまでの道のりは、
緑も多く、桜やつつじの花も楽しむことができます。

阪急千里線の車窓からも緑を眺められます。

クリニックに来ていただく道のりが、
少しでも癒しになればと思っています。

カテゴリー: お知らせ・コラム その他