問題解決志向

クリニック千里の森が、カウンセリングで大切にしているのは、
問題の原因ではなく、問題の解決です。「どうして、うまくできないの?」
と尋ねるのではなく、
「うまくできたのは、どんなとき?」
と尋ね、
うまくできた時のことを話していただくのです。このような、問題解決に目を向けた手法について、
黒丸尊治先生が、二冊の本にまとめておられます。「心の治癒力」をスイッチON!(BABジャパン)

心の治癒力をうまく引きだす(築地書館)

専門用語は出てこないので、
医療関係者でなくとも、だれもが楽しみながら、
問題解決志向という考え方を、知ることができるようになっています。

本の中には、いろいろな訴えの患者さんたちが登場します。

中には、こんなことを言う人が来られたら、きっと困るだろうなぁ…
と思うような場面もあります。

黒丸先生はいったいどうするの?
どんなふうに解決するの?
黒丸先生の問いかけに、この方はどう反応するの?
次に何が起こるのだろう?

どきどきしながらページをめくってしまう、
医療書や、心理の本としてだけでなく、
読み物としても、とてもおもしろい一冊です。

治療者の立場で読みますと、
今日からすぐに、診療に役立てることができます。

問題解決志向を、実際に診療に、どのようにいかすとよいのか、
また、どうして、その方法がうまくいくのかを理解することができます。

九州大学心療内科在籍中に、この本があったら、どれだけ助けになったことでしょう。
私は、この本を読みながら、そう思わないではいられませんでした。

当時は、まだ、日本語で書かれた実践的な本は少なかったので、
試行錯誤の連続で、苦労していました。

黒丸先生は定期的にセミナーも開催されています。

心の治癒力をうまく引きだす、コミュニケーション法を学ぶことのできる、
ホリスティックコミュニケーション実践セミナーです。

興味のある方はこちらをご覧になってください。
ホリスティックコミュニケーション実践セミナー
http://kuromarutakaharu.com/

カテゴリー: お知らせ・コラム その他