ホメオパシー

間質性肺炎のホメオパシー

80歳の男性です。
間質性肺炎で通院中、呼吸困難感がひどく、緊急入院になりました。

全身倦怠感が強く、一日中、横になっておられます。
じっとしていても、息しずらく、苦しいと言われます。
せきもひどく、頻回にたんを出そうとしています。

入院の数週間前から、息苦しさが増し、
食欲も減って、食事も取れなくなり、急に痩せてしまったそうです。

呼吸困難感がひどく、窒息するのではないかという不安に襲われると言われます。
部屋が暗いと不安感が増し、ますます息苦しく感じるようです。

不安からか、
「一人にしないでほしい。(家族の人に)ここにいてほしい」
と、何度も言われています。

男性に、ホメオパシーのCarbo vegetabilisを処方しました。

2週間後、お話を聞きました。

「これをのむと、体調がいいと、気に入っているみたいです。
これを飲むのを、楽しみにしているんだよね」
と家族の方が言われると、軽くうなずかれます。

「どういうわけか、これをのむと、眠たくなって、よく眠れるみたいです」
ホメオパシーをとると安心して、眠くなるのかもしれません。

「薬を飲むたびに呼吸困難になるので、薬を飲むのは大変なんです。
ホメオパシーは小さな粒を一粒なめるだけなので、おじいさんにも楽みたいです。
そういうところもとてもいいですよね」
男性は小さく笑みを浮かべて、うなずいておられました。

「おじいさんの体調がいいと、私たちも安心で、とても気が楽になりました。
今までは、とっても苦しそうで、私たちにしがみつくような感じだったので、
こちらの方まで息苦しくなるようでした。
今は、このホメオパシーがあるから安心だねと言っています」

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。