インフルエンザ予防

インフルエンザが流行しています。
毎日、寒い日が続いていますし、空気も乾燥し、感染拡大が収まる気配もありません。

インフルエンザやかぜの予防のため、外出から帰宅したら手洗い、うがいを習慣にされている方も多いかもしれません。

家の中では暖かくして、加湿器などを用い、適度な湿度に保つ工夫も必要でしょう。
また、充分な睡眠と栄養をとることも、抵抗力を高める重要なポイントです。

栄養面では特に、ビタミンDの摂取が効果的です。

ビタミンDは免疫機能の調節を促すことが知られており、
インフルエンザや、ウイルス気道感染症の予防に、ビタミンDが有効である
というデータも報告されています。

ビタミンDは、皮膚が紫外線を受けることにより体内でも作られています。
ただ、紫外線は季節によって届く量が異なるため、
体内でつくられるビタミンD量も季節によって変化しています。

夏は紫外線が強いので、ビタミンDの血中濃度は高くなりますが、
冬は紫外線が弱いため、ビタミンDの血中濃度は低くなります。

冬にインフルエンザが流行するのは、
血中のビタミンD濃度が低い人が多くなるためではないかとも言われています。

屋内にいて窓越しに日光に当たっても、ビタミンDは生成されません。
曇りの日でも、屋外に出る方がいいのです。

ビタミンDが豊富に含まれる食材は、紅鮭、しらす干しや椎茸などのきのこ類です。
かぜやインフルエンザの予防には、これらの食材を積極的にとるとよいでしょう。

また、ビタミンDをサプリメントとして摂取するのもおすすめです。

クリニック千里の森では、かぜをひきやすいという方に、
寒くなる前からビタミンDをおすすめしています。

「ビタミンDを摂り始めてから、かぜをひかなくなった」

「かぜひいたかな?と思っても、ビタミンDを摂っていると、ひどくなる前に治ってしまうので、寝込んでしまうことはなくなりました」

といった感想をお聞きして、ビタミンDサプリメントの効果を実感しています。