整形外科医にほめられる

55歳、会社員の女性の方が、栄養療法の再診にいらっしゃいました。
それが、なんだか、動きがぎこちなくて痛そうなんです。

よくみると、両ひざ、両手のひらに絆創膏が貼られ、痛々しいご様子。
何があったのでしょうか?

「今朝、ちょっと、焦っていて…、信号が点滅していたので、走って渡ろうとして…、
横断歩道の真ん中で、派手にこけてしまったんです!

もう、ショックで…、恥ずかしいのと、痛いのと…。
でも、電車が来ていたので、猛ダッシュして電車に乗りこみました。

落ち着いてよく見たら、両ひざと両手のひらが血まみれになっていたんです。
それで、出勤してから、病院に行きました」

えぇー! 大変でしたね。そんななか、再診に来ていただいて…、本当に申し訳ないです。

「すごく痛かったのですが、整形外科の先生には、骨折はしていないよと、
打ち身、打撲の痛みだねと言われたので、
骨折していなくて、ほんとよかったと思って、安心しました」

「何年か前にも、今日みたいに、派手にこけて、両ひざを擦りむいたことがあるんですけど、
その時は、傷が治るのにとても時間がかかったんです。

1か月たっても、治らなくて、じくじくしていて、ずっーと整形外科に通っていました。
今回はあんなことにならないように、はやくにきれいに治したいんです」

わかりました!
はやく、きれいに治すために、できることは何でもやってみましょう。

転んで怪我した時は、すぐにホメオパシーのarnicaを用います。
arnicaは、けがの痛みを和らげ、傷の治りを助けます。
それと同時に、急に転んでびっくりして、痛い思いをした、その心の動揺にも働きかけます。

そのほか、傷を早くきれいに治すために重要なのは、充分な栄養です。
女性は栄養療法を始めていて、すでにヘム鉄とビタミンB群をとっていただいていました。

傷の治りを促すには、それらに加えて亜鉛が必要です。

亜鉛は、皮膚の材料となるコラーゲンの合成にかかわるなど、
皮膚の細胞が作り変えられるさい、不可欠な栄養素です。

亜鉛が不足すると、傷の治りに時間がかかるため、
海外では、手術を受けた患者に亜鉛を投与するともいわれています。

亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣のほか、のり、きなこ、ゴマなどがあげられます。

女性は、arnicaを服用し、亜鉛のサプリメントの摂取を続け、
1週間後に整形外科を受診しました。

すると、整形外科医は彼女の傷を見るなり、うなって、こう言ったのです。

「いやぁー、こういう人、たまにいるよね…、
こういう、すごーく、傷の治りの早い人!
この前来た時から1週間しかたってないよね…?!
1週間で、もうこんなにきれいに治ってるんだよね?!
いるんだよね…、こういう人が…」

整形外科医に、傷の治りがはやいと言ってほめられたというのです。

「ホメオパシー、効果あるんですね。
こんなもので効くのかなって、正直、疑ってました。
すみません…。今から思うと…、
arnicaを飲んでから、あんまり痛くなかったように思います。

けがした後って、しばらくじんじん痛みが続きますよね。
でも、そういうの無かったなと…、痛くなかったなぁと思って。
arnicaのおかげかなと思います。

それに、栄養って大切なんですね。
今回のことで、本当に身にしみてよく分かりました」

女性はうれしそうに話してくださいました。

「私のからだは、食べたものでできている」

このことばを実感したできごとでした。

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。