漢方が合っているとき

先日、日本臨床漢方医会に出席して、
豊中の佐守小児科、佐守先生の講演を聞きました。

そのなかで、漢方処方がその方に合っているかどうか、
このようなところでわかりますというお話がありました。

漢方が合っているときは、次のように感じます。

「何となくいいような気がする」
「香りがよくて、おいしい」
「漢方を飲んだ後、からだがあたたまる」
「気持ちが落ち着く」
「尿がよく出る。回数も多く、量も多い」
「便通がよくなる。おなかがすっきりする」
「体が軽くなる」
「よく眠れる。朝の目覚めがよい」

一方、漢方が合っていないときは、次のように感じます。

「なんとなく気分が落ち着かない」
「目がさえる」
「匂いがよくない」
「おいしくない」
「腹痛、下痢、便秘、食欲不振がひどくなる」
「尿の出が悪い」
「発疹が出る」
「動悸がする」

漢方が合っているとおいしく感じるというのはよく耳にします。

小さな子供でも、漢方処方が合っていると、
おいしいと言ってどんどん飲んでくれると言います。

味や香りがその人に合うかどうかということ以外に、
「何となくいいような気がする」
「気持ちが落ち着く」
といった感覚も挙げられていて、すごく納得しました。

バッチフラワーレメディやホメオパシーでも、
レメディが合っているとき、
「何となくいいような気がする」
「気持ちが落ち着く」
とよく言われるからです。

「バッチフラワーレメディやホメオパシーが合っているかどうか、どんなふうにわかりますか?」
という質問にはいつも、
「何となくいいような気がする、とよく言われます」
とお答えしているのですが、なんだか説得力に欠けるような気がしていました。

けれども、漢方が合っているときは、
何となくいいような気がして、気持ちが落ち着くんだとわかると、
やっぱり、「なんとなくいいような気がする」
というのは大事な感覚なんだと思います。

漢方が合っていると「よく眠れる。朝の目覚めがよい」というのもいいですね。

バッチフラワーレメディやホメオパシーでも、
「飲み始めてから、熟睡できるようになった」という声をよく聞きます。

ホメオパシーでは、レメディが合っていると夢も変わります。

「毎晩、悪夢を見て目が覚める」
「毎晩、嫌な夢を見る。それもすごくリアルな夢なんです」
という方が、
「悪夢を見なくなった」
「夢は見てると思うけど、目が覚めたら忘れてる」
と言われるようになるのです。

漢方は、合っているとおいしく、いい香りに感じますが、
バッチフラワーレメディやホメオパシーには、もともと香りはありません。

バッチフラワーレメディは、
保存のためグリセリンが含まれており、ほのかな甘みを感じます。
けれども、全く味を感じない方もいれば、甘くておいしいという方まで、人によって様々です。

ホメオパシーはもともとショ糖の粒ですので、ほのかな甘みを感じると思います。

バッチフラワーレメディやホメオパシーは、
漢方のようにその方に合っているとおいしい、というわけではなさそうです。