栄養療法

乳がんの人の食事療法

5年前、乳がんで手術を受けたという、42歳の主婦の方が来院されました。
手術後、放射線治療と化学療法を受け、その後、開始したホルモン治療も、もうすぐ終了です。
今後は、無治療になるため、自分でもなにかできることはないかと、来院されました。

診療の最後に、食事の話になりました。

「食事に気をつけているんですけど、
なんだかうまくいかなくなっている気がして、
何をどう食べたらいいのか、わからなくなってきてしまったんです」

「病気がわかったときは、
どうして、乳がんになったんだろうとか、
なにがいけなかったのだろうとか、いろいろ考えました。
私の食生活がよくなかったのかなと思って、本を読んで、食事を変えたんです」

「どの本にも、パンやパスタをやめて、玄米にするように書かれています。
それで、大好きだったパンをやめました。
パンやお菓子を作るのが趣味だったんですけど、それもやめました」

「乳製品が大好きなんです。
でも、乳がんの人は、乳製品はだめらしくて、
ミルクも、ヨーグルトも、チーズもバターもやめました」

「肉も控えた方がいいというので、肉はやめて、
大豆製品からタンパク質をとることにして…、
だから、毎日、豆腐、納豆、みそ汁ですよね。

それから、とにかく野菜をたくさん食べます。
乳がんには、とくに根菜類がいいって聞きました」

よく勉強されています。
本を読むだけでなく、実際に実践されていて、頭が下がります。

「食事は完璧なはずだったんですけど…、
それが…、どんどん太ってきてしまったんです。
乳がんは、太ったらだめでしょ。
それで、何をどう食べたらいいのか、わからなくなってきたんです」

「そしたら、糖質制限のことを聞いて…、それで思いついたんです。
お米は食べていいと思っていたから、もしかすると、ご飯を食べすぎていたのかもって。
それで、今度は糖質を減らすことにしたんです」

「でも、それが混乱の始まりでした。
糖質制限では、チーズ、ナッツ、肉は食べてもいいけど、乳がんの人はだめじゃないですか。
乳がんの人がとるべき食事と、糖質制限を合わせたら、食べるものがなくなってしまって…。
それで、ますます何を食べていいのか、わからなくなってしまいました」

そうですね。
それぞれの食事療法自体は、問題ないはずなのに、
うまくいかなかったりすると、何をどう食べたらいいのか、わからなくなってしまいます。

お話をよくお聞きしますと、この方の場合は、
ご飯は食べてもいいものとして、多くとりすぎる傾向にあったようです。

また、食事が物足りなかったのか、食後に和菓子を食べておられました。
(お菓子は原則だめだけど、食べるなら和菓子を)
と書かれていたので、和菓子なら大丈夫と思われていたようです。

やや糖質に偏った食事になっている一方、タンパク質は不足気味でした。

また、野菜は根菜類を中心にたくさんとっておられました。
根菜類は確かに体にいいのですが、根菜類ばかりに偏ることなく、
葉野菜も取り入れ、適度な量を食べましょう。

人の体の細胞膜は脂質を多く含んでいて、
しっかりした細胞膜を作るためには、適度の油が必要です。
油脂の摂取を制限されていたようなので、もっと取り入れてもいいことをお話ししました。

その際、サラダ油やマーガリン、市販のドレッシングはとらないようにします。

栄養療法について、よく理解されていましたので、
少し偏っている点を指摘しただけで、頭の中が整理され、
これから、どのような食事をするといいのか、なんとなくつかめたようです。

また、今までの食事も、必ずしも間違っていたわけではないとわかり、
自信を持たれたご様子です。

「あれも、これも食べてはだめと思って、必死になっていた気がします。
一番大切なのは、バランスなんですね。
なんだか、気が楽になりました。
いろんな献立を作ってみようと思います。
1か月、トライしてみて、また相談しますね」

肩の力が抜けたような、ほっとした表情で帰宅されました。

次回、どのようなお食事をされ、体調がどのように変わったのか、
お話をお聞きするのが楽しみです。

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。