栄養療法

アトピーと腸内細菌

アトピー性皮膚炎で長年治療されているという、
42歳、男性の会社員の方がお見えになりました。

「おなかの調子とアトピーは関係あるんじゃないかと思うんです」
とても真剣な表情で話し始めました。

「こどものころからアトピーで通院してるんですけど、
以前は、おなかの調子はいたって順調で、
アトピーもそんなにひどくなることはなかったんです。

それが、40歳を過ぎたころから、便秘がちになってきて、
そしたら、急にアトピーが悪化してきたんですよ。

腸内細菌とアトピーは、関連してると思うんです。
もしそうだとしたら、私は何をしたらいいんでしょう」

腸と皮膚の強い結びつきを、身を以て実感されていて、とても鋭い指摘です。
おっしゃる通り、腸内細菌を整えると、アトピーが軽減するということがわかっています。
それでは、腸内細菌を整えるには、どうしたらいいのでしょう?

腸内には、乳酸菌を代表とする善玉菌と、体に悪い影響を与える悪玉菌が棲んでいます。

乳酸菌は、ビタミンを合成したり、消化吸収を助けたり、
免疫をコントロールするなど、体に必要なさまざまな働きをしています。

腸内は、善玉菌(乳酸菌)が優位であると、健全でよい状態なのですが、
年を取るにつれて善玉菌は減少傾向となり、反対に悪玉菌は増加します。

「40歳を過ぎたころから、便秘がちになってきて、
そしたら、急にアトピーが悪化してきた」
とおっしゃっていたのは、このためかもしれません。

そこで、「乳酸菌生成エキス」をおすすめしました。
「乳酸菌生成エキス」は、ご自身の持つ腸内乳酸菌のえさとなり、ご自身の乳酸菌を増やします。
乳酸菌製品のように外から乳酸菌を加えるのではなく、ご自身の乳酸菌を増やすところがポイントです。

「乳酸菌生成エキス」を飲み始めて、すぐに効果を実感されたようです。

「先生の言われた通りでした。
「乳酸菌生成エキス」を飲み始めたら、本当に便のにおいがしなくなって驚きました」

「お通じも普通になってきて、
アトピーもだんだん良くなってきているように思います。
しばらく飲み続けようと思います」

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。