栄養療法

おいしいってわかるようになった

32歳の会社員の女性が、頭痛と、吐き気、めまいで来院されました。

20代のころから、頭痛に悩まされるようになり、
いろいろな病院を受診したのですが、効果はいまひとつだと感じています。

また、頭痛とともに吐き気があり、
気持ちが悪いと食べられなくて、食事を抜いてしまうこともあるのだそうです。

昨日の食事内容をお聞きしますと、
朝はヨーグルト。
昼はコンビニのサラダ。
夜は豆腐と、もやしのあえもの、お味噌汁とごはんを少し。

それだけ?とおもわず、聞き返したくなりました。

血液検査の結果をみせていただくと、
タンパク質が不足していて、
ビタミンB、亜鉛、鉄が足りていないことがわかりました。

お肉やお魚、卵などのタンパク質を、できるだけ取るように心がけていただき、
ビタミンB、亜鉛、鉄のサプリメントもとっていただくようにお話ししました。

3か月後、来院されました。
にこにこしながら、
「食事がおいしいってことがわかってきました」
と言われます。

「今まで、食事っておいしいと思ったことがなくて、
いつも仕方なく食べていたんですけど、
だんだん、食事っておいしいなってわかってきて…、
あれが食べたいって思うようになったことがうれしいです」
と言われます。

ビタミン、ミネラルが補われたことで、味覚が復活したのかもしれません。
これで、食事量がもっと増えるといいと思います。

食事をとれるようになって、
頭痛とめまいの回数も減ったように思うとのこと。

「食事って大切なんですね」
としみじみ言われます。

食事は、ただ栄養を取るだけではありません。

毎日三食、規則正しく食事をすることで、
からだのリズムが整うことが知られています。

また、家族や友達と、食事を共にすることは、
コミュニケーションの場でもあります。

今までは、体調も悪く、食欲もないので、
誰かと食事をする機会はあまりなかったようです。

これからは、食事を通して、交流の機会が増え、
社会が広がるといいですね。

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。