バッチフラワー レスキューパステル

以前、バッチフラワーレスキューレメディについて、お話ししています。
2016年8月1日のブログですので、偶然にも一年前ですね。

緊急時に、すぐに使えるようにするため、
バッチ博士が、5種類のレメディをブレンドして、
レスキューレメディを作りました。

緊急時とは、たとえば、
重大な病気を言い渡される、リストラを宣告される、

また、交通事故にあう、火事を目撃するなど、
非常にショックな出来事に遭遇した時のことです。

そのような場面では、一瞬、固まってしまったり、
どうしていいのかわからなくなるかもしれません。

そのような場合でも、レスキューを取ることで、
落ち着きを取り戻すことができるでしょう。

そのほか、緊張してしまうような場面の前に、
前もって服用しておく、という使用法もあります。

たとえば、試験や面接、演奏会やプレゼンテーション、講演会など、
大勢の人の前で演奏したり、話したりするようなシチュエーションの前に用います。

また、飛行機が苦手な人は、搭乗前に服用したり、
歯医者さんが苦手な人は、歯科治療の前に使うと、
平常心でいられるでしょう。

レスキューには、スポイトタイプやスプレータイプがあります。

スプレータイプは携帯に便利ですし、
口の中に向けて2回スプレーするだけなので、
いつでもどこでも使え、便利なので、クリニックでもよくおすすめしています。

このほか、グミのような食感の、レスキューパステルというものもあります。
砂糖不使用ですが、ほのかに甘く、食べやすいお味です。

レモン、オレンジ、ブラックカラントの三種類あり、
いずれも天然香料が使用されています。

パステルだと、口の中で少しずつ溶けていくので、
スプレータイプのように、スプレーした一瞬だけでなく、
しばらくの間、レスキューと、ともにあるという感じがします。

実際には、スプレーでもしばらくの間、
レスキューは効果を発揮してくれているんですけれども、

パステルは、実際に口の中にあるのを感じるので、
そこがスプレーと違うところかもしれません。

また、仕事中に、スプレーを使うのが難しい場合は、
パステルですと、飴を口にしたのかな、と思われるくらいなので、
使いやすい方もいらっしゃるかもしれません。

知人の診療所では、受付にパステルを置いていて、
看護師や受付さんたちに、
「困ったときや、いらいらしたときに、口に入れるといい」
と、自由に使えるようにしたところ、
職場の雰囲気がとてもよくなったそうです。

以前は、職員が、いらいらした患者さんにどなられたりすると、
一気に、職場全体の雰囲気が悪くなっていたそうですが、

いやなことがあったら、すぐに皆がパステルを口にするようになってからは、
雰囲気が悪くなることは、なくなったのだそうです。

また、職員同士のいさかいも少なくなり、
ケアレスミスも減ったように思うと言われていました。

勤務中や電車移動中に、レスキューパステルはおすすめです。

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。