広汎性発達障害(2)

28歳、発達障害の女性が、
バッチフラワーレメディを希望して来院されました。
前回のブログの続きです。

「子供のころからちょっと変わった子でした」
お父様の言葉の後、女性が話し始めました。

「子供のころから、言葉がうまく出てこなかったり、
コミニュケーションが取れなかったりして、
他の子供から、仲間外れにされたりしていました。

ひどいいじめを受けたりして、とてもつらかった。
いまでも、トラウマになっています。

先生からも冷たい対応をされたりして、傷つきました。

それでも、なんとか、中学を卒業し、
高卒資格を得て、大学にも入学しました。

学校では、だれからも誘ってもらえなかったりして、
いつも疎外感を感じていました」

卒業後、何とか就職したものの、仕事がハードで精根尽きて退職。
次の仕事もミスが多く、他の職員とうまくいかなくて、うつになり、退職。

その後、体調も精神状態もひどくなって、
さまざまな病院を受診するうち、発達障害とわかり、
支援センターに通いながら、現在の会社に就職したのです。

お父様は、自分の定年退職も近づいているし、
できるだけ早くに、自立してもらわなくてはという気持ちを話されました。

バッチフラワーレメディについて説明すると、
ぜひ使ってみたいとの返答です
女性と二人でバッチフラワーレメディを選んでいくことになりました。

レメディの内容は次回に続きます。

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。