院長:野口 由美(のぐち ゆみ)
院長:野口 由美(のぐち ゆみ)

資格

  • 医学博士(大阪大学)
  • 日本医学放射線学会放射線診断専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • バッチ財団登録プラクティショナー
  • 日本ホメオパシー医学会認定医
  • 米国催眠療法協会認定 ヒプノセラピスト
    (ABH:American board of hypnotherapy)
  • 米国催眠士協会認定 ヒプノセラピスト
    (NGH:National Guild of Hypnotists)
  • 米国アルケミー催眠協会ソマティックヒーリング 上級コース修了
    (Alchemy Institute of Hypnosis)
  • 統合医療塾第6期卒塾

学歴

  • 昭和61年

    関西医科大学卒業

  • 昭和61年

    関西医科大学付属病院 内科

  • 昭和62年

    関西医科大学付属病院 放射線科

  • 平成 1年

    大阪大学医学部放射線医学教室

  • 平成 2年

    大阪逓信病院 放射線科

  • 平成 3年

    市立豊中病院 放射線科

  • 平成 8年

    九州大学医学部付属病院 心療内科

  • 平成 9年

    国立病院九州がんセンター 診療部 造血器科

  • 平成12年

    大阪大学医学部放射線医学教室

  • 平成14年

    市立堺病院 放射線科

  • 平成15年

    住友病院 放射線科

  • 平成16年

    市立吹田市民病院 放射線科

  • 平成25年

    クリニック千里の森 開設

ごあいさつ

症状は薬で抑え、腫瘤は摘出する。それだけの医療はおかしいのではないかと、疑問に思っていました。
薬や手術でいったんよくなったように見えても、病気になった真の原因をとりのぞかない限り、
また病気になってしまうのでは、と考えていたのです。

医学部入学後、「全人的医療」と言う考え方を知りました。
全人的医療とは、病気を含めたその人全体をとらえる医療です。
現代医療に疑問を持っているのは、私だけではないことを知りました。

大学を卒業して病院勤務が始まると、全人的医療の前に、まず西洋医学をしっかり身につけなければなりません。
その思いで、頑張れば頑張るほど、日々の勤務に忙殺され、全人的医療どころではなくなっていました。
そしていつしか、全人的医療から離れてしまっていたのです。
 

そんな中、わたし自身ががんになってしまいます。
人生を考えなおす機会を得たにもかかわらず、病気休暇の後、仕事に復帰すると、以前と同様の多忙な勤務医生活に戻っていました。そして、数年後、別の病気が見つかることになるのです。

学生の頃は、「病気になった原因を見つけ、生活や思考を変えなければ、治ったことにはならない」と考えていたにもかかわらず、医者の私は自分の生活を変えることすらできず、再び病気になり、自分の考えを証明する結果になってしまいました。

病気になった原因とはなんでしょう。 病気になってまで、私の体が伝えようとしていることはなんなのでしょうか。
答えを求めて、様々な「補完代替医療」を学び、自ら体験するうち、「統合医療」「ホリスティック医学」にたどり着きました。再び全人的医療に戻ってきたのです。

そして、もっと多くの人に、この医療をお伝えしたいと、クリニックを開設することにしました。


病気は私たちに何かを訴えようとしています。

それは、「本来の自分を見失ってはいませんか」という問いかけかもしれません。
歩くはずだった道、目指していた目標を、思い出させようとしているのかもしれません。

クリニック千里の森では、診療を通して、健康を取り戻すだけでなく、その人らしい生き方を取り戻す、
そんなお手伝いをできたらと願っています。

クリニック千里の森 院長:野口 由美