オリゴスキャン(OligoScan)とは

オリゴスキャンは、組織中のミネラル、有害金属を測定する検査機器です。
検査方法はとても簡単。
手のひらにセンサーをあて、数分待つだけで、測定結果がわかります。

組織中のミネラル、有害金属を測定します

からだの組織や血管壁に沈着している必須ミネラル+参考ミネラル20元素と有害重金属14元素を測定します。

痛みはありません

手のひらの4か所にセンサーをあてるだけなので、痛みはありません。

3分で結果がわかります

センサーでスキャンしたデータは、開発元であるルクセンブルグのデータベースに、即座に送信、解析されます。
測定結果は3分で判明しますので、当日、結果説明が可能です。

このようなことでお悩みの方におすすめします

  • 病院の検査で異常はないが
    不調が続いている
  • 病院で治療を続けているが、
    症状軽快しない
  • 疲れやすい
  • 栄養療法を希望している
  • 栄養療法の効果を知りたい
  • 体内に有害金属がたまっているか
    どうかを知りたい

検査について

検査方法

患者情報を
入力します

血液型の情報が必要です。

手のひらをスキャンし
データを送信

手のひらの4か所にセンサーを当て測定します。
測定したデータは 開発元のルクセンブルグのデータベースに即座に送信されます

3分ほどで、
解析結果が判明

測定結果レポートを作成し、お渡しします。

結果説明

ミネラルバランスの崩れはないか、有害金属の蓄積はないかなどを中心に、測定結果を解説します。
今後、有害金属を摂取しないために気を付ける点や、ミネラルバランスを整えるためのポイントを説明いたします。

測定項目

組織や血管壁に沈着する、必須ミネラル+参考ミネラル20元素と有害重金属14元素を測定します。

必須・参考ミネラル 20元素

  • Ca カルシウム
  • K カリウム
  • Cr クロム
  • I ヨウ素
  • Mg マグネシウム
  • Cu 銅
  • V バナジウム
  • Li リチウム
  • P リン
  • Zn 亜鉛
  • B ホウ素
  • Ge ゲルマニウム
  • Si ケイ素
  • Fe 鉄
  • Co コバルト
  • Se セレン
  • Na ナトリウム
  • Mn マンガン
  • Mo モリブデン
  • S 硫黄

有害金属 14元素

  • Al アルミニウム
  • Ba バリウム
  • Hg 水銀
  • Pb 鉛
  • Sb アンチモン
  • Be ベリリウム
  • Ni ニッケル
  • Tl タリウム
  • Ag 銀
  • Bi ビスマス
  • Pt 白金
  • Th トリウム
  • As ヒ素
  • Cd カドミウム

検査結果レポート サンプル

※クリックすると拡大して表示されます。

一般的なミネラル、有害金属測定方法とオリゴスキャンの違い

体内の有害金属やミネラルの測定には、血液検査、毛髪ミネラル検査、爪ミネラル検査、尿中排泄検査が用いられています。
これら従来の検査方法と、オリゴスキャンは何が違うのでしょう。
爪や毛髪の検査や尿中排泄検査では、体内から排泄される有害金属をみています。
一方、オリゴスキャンは体内に蓄積した有害金属をみています。
また、従来の方法ですと、採血するために多少の痛みを伴い、毛髪や爪を切る、蓄尿するなど検体採取が面倒で、結果判明まで日数がかかるなどの問題がありました。
オリゴスキャンは手のひらにセンサーを当てるだけなので、痛みもなく、数分お待ちいただくだけで、結果がわかります。

検査の料金について

15,000円(税別)

別途、診察料金がかかります。

ミネラルの重要性

ミネラルとは、私たちのからだを構成する重要な成分のひとつで、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などがあげられます。
身体の構成元素の4%程度と決して多くはありませんが、酵素や代謝をはじめ、身体機能維持に欠かせない重要な役割を果たし、健康を維持していく上で必須の微量栄養素です。
体内で生成できないため、食べ物から補う必要があります。

ミネラルについて

ミネラル 機能 含まれる食材
カルシウム(Ca) 骨や歯に存在し、その成長維持に重要な役割を果たす。神経伝達、心筋、筋収縮、酵素・ホルモン分泌にも働く。 干しエビ、小魚、ひじき、豆
マグネシウム(Mg) すべての細胞に存在し、300種類もの酵素代謝に関与する。抗酸化など生体防御の活性化、ミトコンドリアでのエネルギー産生に必要。 青のり、ひじき、昆布、ナッツ、全粒粉
リン(P) 骨、脳、筋肉に存在。全細胞の化学反応に関与する。 いわし、うなぎ、玄米、甲殻類、卵
ケイ素(Si) 結合組織の強度、骨形成に関与し、骨、爪、軟骨、皮膚の形成に欠かせない。 全粒粉、果物、野菜
銅(Cu) 酸化還元過程に必要な酵素の一成分。たんぱく質の合成、ヘモグロビンに関与し造血に不可欠。 レバー、海藻、全粒粉、牡蠣
亜鉛(Zn) 約300種類の酵素反応に重要なミネラル。
酸化還元反応や呼吸、細胞分裂、多くの代謝プロセス(炭水化物、たんぱく質、核酸)に機能する。
生殖機能やホルモンの合成、免疫機能、インスリン合成貯蔵に不可欠。
牡蠣、肉、魚
鉄(Fe) 赤血球中のヘモグロビンの一成分。酸素に結合して肺から各器官に輸送するうえで重要な役割をもつ。 しじみ、レバー、レンズ豆、小松菜

有害金属とは

有害金属とは、身体に様々な障害をもたらす金属のことで、水銀・鉛・カドミウム・ヒ素・アルミニウムなどがあげられます。
大気汚染、化粧品、洗剤、水道水、食品などから、知らず知らずに体内に取り込まれ蓄積しています。
有害金属が体内に蓄積すると、ミネラルや酵素の働きを阻害し、活性酸素による酸化を促進するなど、体に様々な影響を及ぼします。

有害金属について

有害金属 侵入経路 毒性
アルミニウム(Al) アルミ製調理器具(鍋、トレイ、やかん)、アルミホイル、水道水、缶詰、食品添加物(インスタントコーヒー、インスタントスープ) 慢性疲労症候群、アルツハイマー病、認知症など
銀(Ag) 銀を扱う頻度の高い職業(写真家、宝飾職人)、医薬品、歯科用アマルガム 皮膚色素沈着、呼吸困難、動悸、自己免疫疾患など
ヒ素(As) 駆除剤、殺虫剤、除草剤、食品(ひじき、牡蠣)、農薬 酵素の働きを阻害、急性(腹痛、嘔吐、血圧低下など)、慢性(皮膚がん、脱力感、末梢神経障害など)
カドミウム(Cd) タバコ、米、玄米、絵具、水道水 肺気腫、腎不全、骨折、高血圧など
水銀(Hg) アマルガム、ワクチン、大型魚(マグロ、カツオ)、農薬 麻痺、痙攣、自閉症、口内炎、疲労など
鉛(Pb) 鉛蓄電池、鉛シート、プラスチック、弾薬 消化器・腎臓・精神神経系の障害、高血圧、動脈硬化、発がん性、生殖障害など

クリニック情報

「クリニック千里の森」は、バッチフラワーレメディ・ホメオパシー・栄養療法・催眠療法を用いた、補完代替医療・統合医療の心療内科クリニックです。完全予約制、自由診療となります。

完全予約制 火・金・日曜 15:00~17:00

住所
〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-17
グリーンプラザ千里古江台303号室
最寄り駅
阪急電鉄「北千里」駅徒歩8分

Google Mapで見る