症例紹介

栄養療法とCBDオイルによる発達障害治療薬の減薬

幼少期に、知的障害をともなう発達障害と診断され、服薬治療通院中の女性のご相談です。CBDオイルなど、薬以外の治療法を希望して来院されました。CBDオイルのほか、バッチフラワーレスキュースプレーやホメオパシー、栄養療法を行ったところ、症状の軽快が見られ、減薬を始めたと言われましたので、その経過をご紹介します。

夜間頻尿、早朝覚醒は夜間低血糖が原因かもしれません

結婚の翌月にパニック障害を発症し、投薬治療で一時軽快したものの、5年経っても薬をやめることができません。さらに早朝覚醒と夜間頻尿が出現し悪化するため来院されました。コロナ感染に対する強い不安の裏には、ご主人の言動や毒親の影響が見え隠れします。さらに低血糖も原因と考えられ低血糖対策としての補食を勧めました。

キッチンドリンカーは低血糖が原因かもしれません

物忘れがひどく頭が働かない感じがするという方から、キッチンドリンカーでアルコール依存ではないかとの相談を受けました。血液検査結果からは低血糖が認められ、さまざまな症状も低血糖が原因ではないかと考えられました。今回は、低血糖に陥る原因と、低血糖が引き起こすさまざまな症状、さらに日常でできる低血糖対策について解説します。

のどが詰まって息苦しい

咽喉頭異常感と舌の違和感の相談を受けました。一人暮らしのうえ心身の不調が重なり、さらにコロナ感染拡大もあって不安感が増強していた様子です。感情面に対してバッチフラワーレメディを用いました。お食事は主に惣菜のため、ビタミンやミネラルの不足も原因のひとつと考えられます。食事での一工夫を提案しました。

「物音が気になる、光がまぶしい」は副腎疲労が原因かもしれません

副腎疲労の方から、物音が気になり眠れない、光がまぶしくて外出できないと相談を受けました。これらの悩みはストレスとなり、さらに副腎疲労を悪化させます。今回は、副腎疲労の方が聴覚過敏になる理由や、眩しく感じるメカニズムを解説し、さらに副腎疲労の治療についてお話しします。

中学生の発達障害に行う栄養療法

中学入学後、体がだるくてたまらず、食欲も低下し、朝起きられなくなったという女の子が来院されました。もともと小食、偏食があったうえに、成長期に入り、栄養素の不足に拍車がかかり、体調不良を引き起こしたものと考えられます。血液検査結果を解析しながら、必要な栄養素や、食事の際の注意点などについて説明します。

こどもに怒鳴り散らしてしまう

出産後、幼いこどもに怒鳴り散らすようになり、そんな自分に自己嫌悪をいだき悩んでいるという女性にバッチフラワーレメディを選びました。また出産後疲れやすくなったと言われますので栄養療法指導も行いました。イライラも易疲労感と同様、低血糖による症状である可能性があり、補食をすすめました。

父の認知症を改善したい

父親の認知機能低下をなんとかしたいと娘とともに来院されました。認知機能向上のためには食事、睡眠、運動など生活習慣の改善がとても大切です。そのほかCBDオイルなどサプリメントも始めることになりました。家族みんなで協力しあった結果、三ヶ月後には症状軽快を感じられ、さらに続けたいと再診に来院されました。

クリニック情報

「クリニック千里の森」は、バッチフラワーレメディ・ホメオパシー・栄養療法・催眠療法を用いた、補完代替医療・統合医療の心療内科クリニックです。完全予約制、自由診療となります。

完全予約制 月曜・火曜(15~17時)

住所
〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-17
グリーンプラザ千里古江台303号室
最寄り駅
阪急電鉄「北千里」駅徒歩8分

Google Mapで見る