不安

咽喉頭異常感症、舌痛症の栄養療法

咽喉頭異常感と舌の違和感の相談を受けました。一人暮らしのうえ心身の不調が重なり、さらにコロナ感染拡大もあって不安感が増強していた様子です。感情面に対してバッチフラワーレメディを用いました。お食事は主に惣菜のため、ビタミンやミネラルの不足も原因のひとつと考えられます。食事での一工夫を提案しました。

離婚して実家にもどる前に気をつけてほしいこと

前回紹介した、夫が不倫をして離婚を突き付けてきたという女性です。今回、子供の様子がおかしいと来院されました。ご自身は気持ちも落ち着き、実家に戻って仕事を見つけようと考えていたところ、母からは「離婚しないで我慢すべき」と叱責されたといいます。離婚して実家にもどる前に気を付けたいことについてもお話しします。

不倫のうえ離婚を宣言するモラハラ夫

夫の不倫が発覚し、さらに別居離婚を求められている女性のお話を紹介します。以前から夫のモラルハラスメントを受けていたのですが、最近さらにひどくなり心身の不調を訴えて来院されました。カウンセリングのなかで母親のモラルハラスメントを受けていたこともわかります。希望されたバッチフラワーレメディとホメオパシーを選びました。

こどもをコントロールする母親

45歳の自営業の女性が、不安と息苦しさで診療を希望されました。母に家事手伝いを頼むようになって以来、症状のため外出もままならなくなったと言います。幼少期から母親のコントロールが強く、つらい気持ちを抱えていたのだそうです。軽い瞑想状態で、幼少時退行催眠療法を行い、ホメオパシーと栄養療法を始めました。

毒親育ちさんは不安を感じやすい

毒親の影響が不安の原因であることが少なくありません。40代の女性のお医者さんがちょっとした予定に不安を感じたり、どうしようもなくつらい気持ちをなんとかしたいと来院されました。彼女の毒親のエピソードを紹介しながら、毒親についてお話します。

幼少時の性被害

不安神経症で心療内科通院中の方に、バッチフラワーレメディとホメオパシー、栄養療法を用いたところ、不安症状のみならず、様々な身体症状も軽快し、来院されなくなりました。半年後、幼少時の性被害がフラッシュバックしたとして来院され、ホメオパシーを用いましたので、その経過を紹介します。

死産を乗り越えて

流産を繰り返した方が妊娠され、今回も流産するのではないかと不安でたまらず相談に見えました。バッチフラワーレメディを用いて不安は軽減し気持ちも安定したのですが、その後、死産となり、この経験を糧にどう生きるかを考えるようになるまでの経緯を紹介しています。

仕事も結婚も、将来が不安です

栄養療法を目的に受診して、深い悩みを話される方は少なくありません。その多くの方が、誰に相談すればいいのかわからず、ずっとひとりで悩んでいたと言われます。今回は、そのような方に栄養療法に加え、バッチフラワーレメディを用いた経過をご紹介します。

クリニック情報

「クリニック千里の森」は、バッチフラワーレメディ・ホメオパシー・栄養療法・催眠療法を用いた、補完代替医療・統合医療の心療内科クリニックです。完全予約制、自由診療となります。

完全予約制 月曜・火曜(15~17時)

住所
〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-17
グリーンプラザ千里古江台303号室
最寄り駅
阪急電鉄「北千里」駅徒歩8分

Google Mapで見る