心のバランスを取り戻します
バッチフラワーレメディは、不安やうつなどの心の不調に働きかけ、調和を取り戻す植物療法です。
1930年代に、英国の医師であり、細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって開発されました。
博士は、心の不調和が病気をひき起こすと考えていました。そこで、心の調和を取り戻す助けになるものとして、植物の癒す力に注目し、野の花や草木から、38種類のバッチフラワーレメディを完成させたのです。
現在では、世界70カ国以上の国や地域で知られ、医療従事者から一般の人々にまで広く用いられています。
バッチフラワーレメディは精神や感情に作用するもので、体の症状に直接働きかけるものではありません。
しかし、精神状態が改善することで、病気や症状が軽快するということはありえるでしょう。
体にやさしい自然療法
いままで副作用の報告はなく、習慣性や依存性もない安全な療法です。
病院の処方薬の効果を邪魔することもありませんし、病院の様々な治療法と併用することもできます。
乳幼児からご高齢の方まで広く用いられ、アレルギーをお持ちの方や妊娠・授乳中の方もお使いいただけます。
イギリスの、キャサリン王妃もロイヤルウエディングや妊娠中などにご使用され話題になりました。
クリニック千里の森では医師がバッチフラワーレメディのご相談に対応いたします。

このようなことでお悩みの方におすすめします

不安や心配ごとが頭から離れない

  • 心配事が頭から離れず夜も眠れない。
  • 何か良くないことが起こる気がして
    不安でしかたがない
  • 病気になったらどうしようかと
    心配でならない

毎日がつらい

  • 学校や職場に苦手な人がいる
    人ごみや電車が怖い
  • 亡くなった家族を思い出すたびに
    涙がこぼれる
  • つらかったできごとを思い出し、
    いやな気持ちになる

頑張りすぎてしまう

  • 休みを取らずに頑張り続けて
    倒れてしまった
  • 人から頼まれると断れず、
    いつも引き受けてしまい手一杯になる
  • 会議やプレゼン前は
    いつもとても緊張してしまう

上記以外でお悩みの方もご来院ください

現在うつ病の治療中で、薬の効果が思うように得られない方、薬が合わない方、
よくなったけれど最後の薬をやめることができなくてお悩みの方も、来院されています。

バッチフラワーのお薬「レメディ」の選び方・飲み方について

お話をうかがい、必要なレメディを一緒に選んでいきます。レメディは最大7種類までお選びいただけます。
選んだレメディは、1本のトリートメントボトルの中に入れてお渡しします。

1回4滴、1日に4回以上服用してください
水や紅茶などのお飲み物に、トリートメントボトルから4滴を滴下してお飲みください。1日に4回以上服用してください。
飲みたい場合は4回以上服用していただいても構いません。飲み物は口に含むように、ゆっくりとお飲みください。
冷蔵庫で保管し、約3週間程で使い切ってください
トリートメントボトルを使わない時は冷蔵庫に保管して、約3週間を目安に飲み切ってください。

バッチフラワーレメディ 診療の流れ

コンサルテーション

通常の診察に加え、バッチフラワーレメディ専用の問診を行い、必要なレメディを一緒に選んでいきます。

バッチフラワーレメディの処方とご説明当日

コンサルテーション終了後、選んだレメディを入れたトリートメントボトルをお渡しします。
レメディの服用方法を説明いたしますので、ご質問などございましたらその際にお気軽にご相談ください。

診療の料金について

30,000円(税別) /90分まで
ボトル代:600円(税別)

当院では、複数の治療を同日に受けていただくことも可能です。

同日に [バッチフラワーレメディ]と[栄養療法]の診察を90分間受診した場合

診察90分間 30,000円

トリートメントボトル 600円
(バッチフラワーレメディ)

サプリメント実費 (栄養療法)

レメディのご紹介

バッチフラワーレメディでは、さまざまな感情に対応した38種類のレメディを組み合わせて処方します。
再診で、感情に変化が見られる場合は、新たな感情に対応するレメディを選びます。

スターオブベツレヘム

対象
精神的・肉体的なショックや心の傷がある場合

ミムラス

対象
具体的な恐れや不安

アグリモニー

対象
他人に弱みを見せられない
悩みを打ち明けられない

オリーブ

対象
心身ともに疲れている
  • アグリモニー
  • アスペン
  • ビーチ
  • セントーリー
  • セラトー
  • チェリープラム
  • チェストナットバッド
  • チコリー
  • クレマチス
  • クラブアップル
  • エルム
  • ゲンチアナ
  • ゴース
  • ヘザー
  • ホリー
  • ハニーサックル
  • ホーンビーム
  • インパチエンス
  • ラーチ
  • ミムラス
  • ロックローズ
  • ロックウォーター
  • スクレランサス
  • スターオブベツレヘム
  • スイートチェストナット
  • バーベイン
  • バイン
  • ウォルナット
  • ウォーターバイオレット
  • ホワイトチェストナット
  • ワイルドオート
  • ワイルドローズ
  • ウィロー

レスキューのご紹介

レスキュースプレー20ml

レスキュークリーム

レスキューパステル (オレンジ)

レスキュープラスロゼンジ (オレンジ)

レメディの処方例

悩み
『母が急に入院し、ショックでどうしたら良いか分からなくて、日々のことも手に付かず、考えがまとまらない』
処方したレメディ
  • 2アスペン
  • 20ミムラス
  • 29スターオブベツレヘム
  • 35ホワイトチェストナット

お母さまの突然のご入院から、さまざまな不安に襲われるようになり、眠れない日々を過ごされていました。お話を聞いて上記のレメディを処方いたしました。 3週間後「ぐっすり眠れるようになって、疲れ切った感じもなくなりました」とご報告いただきました。

この患者さまの治療事例へ

悩み
『心療内科でうつ病と診断され薬を飲み始めたが、自分が自分でなくなるような感じがあり、怖くて処方薬を飲むことができない』
処方したレメディ
  • 12ゲンチアナ
  • 23オリーブ
  • 33ウォルナット

お話を聞くうちに、転勤・引っ越し・恋愛などで多くの悩みを抱えておられることが分かりました。 3週間後、「バッチフラワーレメディをとると、とても安心します。自分は大丈夫だって、自信もわいてくるんです」と新しい仕事にも慣れ、恋人との関係性も回復されたようでした。

この患者さまの治療事例へ

上記は来院された方の一例です。

同じようなお悩みの場合でも、その方によって選択するレメディは異なります。

バッチフラワーレメディの治療事例のご紹介

心療内科の薬がこわい

33歳の男性です。心療内科でうつと診断され、薬を処方されました。 ところが、処方薬を飲むと、自分ではなくなってしまうような、奇妙な感覚におそわれるようになり、こわくて薬を飲み続けることができません。 すぐに病院に行って、 […]

続きを読む

今までの自分の人生はなんだったんだろう

53歳の女性、主婦の方が来院されました。最近、ひとりで家にいると、急に悲しくなって、涙が止まらなくなってしまうと言われます。 3人のお子さんは、みな家を出て、今は、開業医の夫と二人暮らしです。長男さんは医師、次男さんは医 […]

続きを読む

バッチフラワーレメディの事例を全て見る

あなたに合った治療法を、ご提案します。

バッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディは、不安、うつなどの心の不調に働きかけ、調和を取り戻します。野の花や草木から作られる、体にやさしい自然療法で、アレルギーをお持ちの方や妊娠・授乳中の方も安心してお使いいただけます。

ホメオパシー

ホメオパシーは、人の持つ自然治癒力に働きかけ、回復を助けます。世界保健機関WHOでも認められ、世界80カ国以上で用いられています。通院治療を続けてもなかなか改善のみられない方や、薬の副作用でお困りの方にお勧めしています。

栄養療法

私たちの体は、食べたものを材料に常に常に入れ替わっています。栄養素の不足は、疲れやすいなどの体調不良をひきおこし、うつ病や慢性疾患の原因となり得ます。栄養解析をもとに必要な食事やサプリメントを提案いたします。

催眠療法

催眠療法とは、心身ともにリラックスし、潜在意識が顕在意識よりも優位な催眠状態で行う心理療法です。潜在意識から今のあなたに必要な情報を得、問題解決につなげます。

運動療法

毎日の生活のなかで運動を取り入れる方法や、症状に合わせたストレッチ法などを提案しています。

食事療法

毎日の食事で注意する点をお伝えし、無理なく続けられるコツや、工夫などもお伝えいたします。

診療内容を見る

クリニック情報

「クリニック千里の森」は、バッチフラワーレメディ・ホメオパシー・栄養療法・催眠療法を用いた、補完代替医療・統合医療の心療内科クリニックです。完全予約制、自由診療となります。

完全予約制 火・金曜 13:00~17:00

住所
〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-17
グリーンプラザ千里古江台303号室
最寄り駅
阪急電鉄「北千里」駅徒歩8分

Google Mapで見る