CBDオイルは、麻の茎と種から作られます。
大麻草の薬効成分は100種類以上確認されており、総称してカンナビノイドと呼ばれます。
カンナビノイドのなかでよく知られているのが、CBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。
CBDは、抗痙攣作用、抗炎症作用、抗不安作用、降圧作用のほか、癌の細胞死を誘導する作用を持ちます。
一方、THCは精神作用を持つことから、日本では法律で使用が規制されています。
このため日本では、THCを含まないCBDオイルが用いられています。

CBDの働き

  • 発作を減らす、抑える
  • 炎症を鎮める、抑える
  • 強い抗酸化作用
  • 細胞の損傷を回復させる
  • 不安を和らげる
  • がん細胞死を誘発する

このようなことでお悩みの方におすすめします

CBDオイルが有効な症状は多岐にわたります。
最もよく用いられるのは、不眠不安うつ症状痛みです。

  • 不眠
  • 不安
  • うつ
  • 痛み
  • てんかん
  • がん
  • 関節炎
  • 自己免疫疾患
  • 多発性硬化症
  • 潰瘍性大腸炎
  • 片頭痛
  • 認知症
  • 自閉症スペクトラム
  • 線維筋痛症
  • 脊髄損傷
  • 双極性障害

エンドカンナビノイド システム

植物の成分であるカンナビノイドが、なぜ、ひとのさまざまな症状に効果があるのでしょう。
実は、ひとは体内でカンナビノイドを合成、分解しています。
このシステムを、「エンドカンナビノイド システム」と呼びます。
エンドカンナビノイド システムは、食欲、睡眠、性行動、疼痛、免疫、感情、運動機能、発達、老化、認知、記憶など、さまざまな機能を調整しています。
しかし、老化や、栄養素の不足、重金属の蓄積などにより、エンドカンナビノイド システムの働きが低下すると、体内の調整がうまく働かなくなり、不調を感じるようになります。
そこで、大麻草由来のカンナビノイドを摂取して、体内のエンドカンナビノイド システムを助けるのです。

CBDオイルの服用方法

1回0.5mlを1日2回(起床時・就寝前)
もしくは、1日1回1ml程度(就寝前など)
スポイトから舌下に滴下してください。

CBDオイル服用時の注意事項

車の運転前には服用しない

CBDオイルの使い始めは、車の運転など、機械操作を行う前に服用しないようにしましょう。
CBDオイルによるリラックス効果のため、眠くなる可能性があります。

妊娠、授乳中や子供の使用

妊娠、授乳中の女性や、乳児も服用することができますが、絶対安全とは言い切れません。
生後2か月のてんかん、自閉症に対する使用報告はありますが、注意して使用する必要があります。

スポーツ選手

CBDオイルの代謝物質が、ドーピング検査で問題となる可能性があります。
ドーピング検査を受ける必要のあるスポーツ選手などは、CBDオイルの使用に注意が必要です。

適量は人によってさまざま

CBDオイルは自然の植物から作られており、しかも多成分であるため、反応の個人差が大きく、適切な量は人によって異なります。
少量から始めて、目的に合った適量を探すことをお勧めします。

副作用、安全性

わずかに傾眠や吐き気などの神経、精神症状、消化器症状がみられます。
最初は少量から始めて、アレルギーがないかどうかを確認し、すこしずつ増量することをお勧めします。
傾眠や、眠気がみられる場合は、就寝前の服用から始めるとよいでしょう。
植物由来であるため、アレルギーも起こりえます。
大麻に対するアレルギーが疑われる場合は、すみやかに使用を中止して下さい。

処方薬の相互作用に注意

CBD100mg を超える量を使う場合は、下記の医薬品の相互作用に注意してください。
ステロイド、免疫抑制剤、スタチン、抗生物質、NSAID、AGⅡ拮抗薬(ARB)、カルシウム拮抗剤、βブロッカー、抗ヒスタミン剤、ベンゾジアゼピン、抗うつ薬、抗精神病薬、麻酔薬、プロトンポンプ阻害薬、消化管運動機能改善薬、経口血糖降下薬、SU剤、抗不整脈薬、抗HIV薬
CBDオイルは少量から試し、処方薬内服とは2時間以上、服用時間をずらすなど、工夫が必要です。
処方薬は自己判断でやめたりしないで、医師に相談しながら使用してください。

取り扱いCBDオイルのご紹介

CBD OIL MED 2700

臨床CBDオイル研究会推奨
CBDオイルMED2700 (ブロードスペクトラム10% )30ml
23,000円(税別)

CBDオイルに関するコラム

CBDオイル服用前に知っておきたい6つのこと

CBDオイルの効果を最大限に生かすため、知っておきたい6つの点をまとめました。適量の見つけ方、服用方法から、お薬の飲み合わせ、CBDオイルの選び方にいたるまで、CBDオイルの解説を加えながら、説明しています。

続きを読む

CBDオイルが用いられるさまざまな症状

CBDオイルの適応疾患は多岐にわたります。よく用いられる不眠、不安、うつのほか、疼痛、てんかん、がん、片頭痛があげられます。そのほか、関節炎、多発性硬化症、皮膚疾患、自閉症スペクトラム、潰瘍性大腸炎、クローン病、自己免疫疾患などさまざまな疾患に用いられています。

続きを読む

CBDオイルのコラムを全て見る

クリニック情報

「クリニック千里の森」は、バッチフラワーレメディ・ホメオパシー・栄養療法・催眠療法を用いた、補完代替医療・統合医療の心療内科クリニックです。完全予約制、自由診療となります。

完全予約制 火・金・日曜 15:00~17:00

住所
〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-17
グリーンプラザ千里古江台303号室
最寄り駅
阪急電鉄「北千里」駅徒歩8分

Google Mapで見る