栄養療法 医療用サプリメント

栄養素の過不足が引き起こすさまざまな不調を改善します

栄養バランスの乱れは不調の原因に

体のひとつひとつの細胞は食べたものを材料にして、常に入れ替わっています。このため、栄養バランスが乱れると、「疲れやすい」、「風邪をひきやすい」、「頭痛が続く」など、様々な体調不良をひきおこし、さらには、うつ病やパニック障害などの原因となる場合もあります。
気付かぬうちに偏った食事になっていたり、過度のストレスから栄養素が消耗されるなど、栄養素の過不足やバランスの乱れは、思った以上に起こりやすいのです。

必要量はひとそれぞれ

風邪とがんでは、ビタミンCの必要量が異なるように、治療目的によって栄養素の必要量は異なります。
また、ビタミンの中には体内で作られるものもあり、人によって作られる量が異なるため、必要量に個人差があります。そのためカウンセリングに加え、血液検査結果をもとに、必要量を決定しています。
カウンセリングでは普段の食生活や生活習慣はもちろん、お仕事や私生活でのお悩みなど多岐にわたってお話をうかがいます。あなたの生活スタイルにあったお食事の仕方を提案し、必要に応じて医療用サプリメントを処方します。

良好な健康状態を手に入れるために

何となく感じている体の不調や、栄養とは関係がないように思う症状でも栄養の過不足が関係していることが多々あります。体の不調のため病院を受診して処方箋を受けても、栄養状態が適切でなければ、薬の効果は現れにくいのです。病気や不調を改善するために適切なサプリメントを用いて、食事だけでは賄いきれない栄養素を補充し、健康を取り戻す治療を行っています。

  • 医療機関でのみ取り扱われる高品質のサプリメント

    当院で扱っているサプリメントは、医療品基準のGMP工場(※)で作られた高品質・高濃度の医療用サプリメントです。
    これらのサプリメントは、天然由来の高品質な原材料を用い、抽出・濃縮方法を工夫することで、効率の良い高単位での摂取が可能です。

    ※GMP工場とは、公益財団法人日本健康・栄養食品協会(厚生大臣認可)認定の工場です。原料から出荷まで厳重な管理基準のもとに、安全、高品質に製造されています。

このようなことでお悩みの方におすすめします

●疲れやすいなどの体調不良に

  • 休んでも疲れがとれない
    風邪にかかりやすい
  • 頭痛・立ちくらみ・めまいがする
  • 爪が割れる・湿疹ができやすい・
    口内炎になりやすい

●落ち込みやすいなどの心の不調に

  • 物音にびくっとしてしまう
    神経過敏になる
  • 無性にイライラしてしまう
    落ち着かない
  • 理由もないのに気分が沈んでしまう
    やる気が起きない

●病院を受診したが症状はよくならない

  • 人間ドックや健康診断で異常はないが
    体調不良が続いている
  • 体調不良で病院を受診したが、
    病気ではないと言われる
  • 病院で薬を処方されたが、
    症状は良くならない

栄養素が不足すると、このような症状が見られます

栄養素 栄養素の働き 不足した場合 栄養素が含まれる食材
亜 鉛

新陳代謝を促進し、傷の修復を促します。免疫やホルモン合成にもかかわります。

脱毛、味覚障害が見られます。皮膚トラブルが起こりやすく、傷の治りが悪くなります。

牡蠣、のり、ごま等

鉄(ヘム鉄)

コラーゲンの生成、免疫に関係しています。鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」があり、吸収率の高い「ヘム鉄」をおすすめしています。

貧血による疲労感。肌、髪、爪の質が低下する。あざができやすい。憂鬱になりやすい。

レバー・かつお・小松菜・あさり・ほたて等

ビタミンB群

ビタミンB群とは、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの総称です。これらは単独では効果を発揮しにくく、お互い助け合いながら働くことから、ビタミンB群として摂取することが望ましいのです。神経や脳に作用するもの、脂質や糖質の分解を助けるものなど多岐に渡ります。

口内炎・疲労感・集中力の低下などを引き起こします。ビタミンBはストレスや喫煙・アルコール摂取、頭脳作業により多く消費され、不足がちになります。

豚ヒレ肉・うなぎ・納豆・たらこ・ナッツ類・バナナ等

ビタミンD

カルシウムの吸収、代謝に関与し、免疫向上、骨粗しょう症予防作用があり、がんの抑制にも働きます。

ビタミンDは日光を浴びることで体内で生成されます。骨粗しょう症の原因となったり、気分の落ち込みやうつ病など、精神面にも影響が及びます。外出の機会の少ない方や、日焼けを極度に気にかける方は、不足している可能性があります。

にしん・うなぎ・
しらす干し・
干ししいたけ・まいたけ・卵黄等

ナイアシン

ナイアシンは、元々ビタミンB3と言われていたビタミンの一種で、「セロトニン」や「ドーパミン」「ノルアドレナリン」といった感情に大きく影響する神経伝達物質の元となる栄養素の一つです。

不足すると、不安・不眠・イライラなど精神面に大きな影響をきたすことがあります。

たらこ(生)・豚レバー・焼豚・かつお・鶏ささみ・かつおぶし・落花生等

血液検査の結果イメージ

栄養療法の治療方針について

当院の栄養療法では、予算や通院の頻度などご希望にあわせて治療方針を立てていきます。

血液検査の結果(検診・ドック・献血)をお持ちの方はご持参ください。検査結果をもとに、現在の栄養状態を解析します。

データがない場合は、当院で血液検査を受けていただくこともできますし(要別途費用)、ご希望であれば現在の症状から処方することもできます。

また栄養療法の効果判定には、症状改善を確認するチェックシートや、血液検査結果を用いています。

栄養療法 診療の流れ

問診と解析

お困りの症状をお聞きし、普段の食生活や生活習慣などについて詳しくうかがいます。
血液検査の結果をもとに栄養解析を行います。
当院で血液検査を受けられた場合、結果は1~2週間後となります。

サプリメントの処方

当日

あなたの生活スタイルにあったお食事の仕方を提案し、適切なサプリメントを処方します。
内容やご予算についてはお気軽にご相談ください。
(※サプリメントは実費をいただいています。)

診療の料金について

基本料金
3,000円(税別) /15分毎
サプリメント代
実費
30分
6,000円
60分
12,000円

※初診の方は総合カウンセリングを含めて約30分~60分ほどのお時間がかかります。

※当院で血液検査を受けていただく場合、全項目検査いたしますと28,000円となります。

※当院では、複数の治療を同日に受けていただくことも可能です。診療料金は時間単位での会計・ご請求となります。

同日に [栄養療法]と[バッチフラワーレメディ]の診察を90分間受診した場合

診察90分間 18,000円

(合計時間)

+

サプリメント実費

(栄養療法)

+

トリートメントボトル 600円

(バッチフラワーレメディ)

栄養療法の治療事例のご紹介

治療事例
2019年4月21日

リウマチの薬を中止して、薬以外の方法を探っている真奈さん、 3週間後の再診です。 「前回、バッチフラワーのトリートメントボトルをいただいて、 帰宅してすぐ飲みました。 翌朝、起きたら痛…

続きを読む
治療事例
2019年4月21日

リウマチ薬を中止して、薬以外の方法を探っている真奈さんに、 食事の際の留意点についてもお話しします。 関節リウマチは関節の炎症を引き起こしている状態ですので、 炎症をうながす食べ物を避け、 …

続きを読む
治療事例
2019年4月20日

真奈さんは41歳の看護師の女性です。 28歳の時、リウマチを発症し、 それ以来ずっと治療を続けています。 幸い、薬のおかげで関節痛もほとんどなく、 関節の変形もごく軽度で、日常生活に支障は…

続きを読む
治療事例
2019年2月1日

55歳、会社員の女性の方が、栄養療法の再診にいらっしゃいました。 それが、なんだか、動きがぎこちなくて痛そうなんです。 よくみると、両ひざ、両手のひらに絆創膏が貼られ、痛々しいご様子。 何が…

続きを読む