ホメオパシー

水の流れる音を聞くと、トイレに行きたくなる

「水の流れる音を聞くと、トイレに行きたくなるんです。
泌尿器科を受診して、薬も出してもらったんですけど、効かないんですよ」

60歳の主婦の方です。
「こんなこと話してもいいものなのかな」と、ちょっとためらいがちに話し始めました。

水の流れる音を聞くと、トイレに行きたくなるって、
どういうことなんでしょう?

「毎朝、ウォーキングしているんです。
川沿いを歩くのが、ウォーキングのコースになっているんですけど、
川のそばを歩いていると、いつも、急にトイレに行きたくなるんですよ。

なぜだろうと、ずっと疑問に思っていたんですね。
そしたら、気が付いたんです。
どうも、水の流れる音を聞くと、トイレに行きたくなるみたいなんです。

河原のウォーキングはきもちいいんですけどね。
もう、あんまり、しょっちゅう、トイレに行きたくなるものだから、川沿い歩けなくなりました」

それはお困りでしたでしょう。
また、ぜひ、川沿いを歩いていただきたいですね。

実は、ホメオパシーには、
「水の流れる音を聞くと、トイレに行きたくなる」
という方のためのレメディがあります。

Cantharis vesicatoriaです。
膀胱炎のホメオパシーのひとつです。

ホメオパシーでは、このような、一見変わった症状を、その人らしい反応ととらえ、
ホメオパシーレメディを選択する際の、重要なキーワードとして扱います。

西洋医学だと、あんまり聞いたことのない困った症状ですが、
ホメオパシーだと、それこそがあなたらしい症状だとして、ちゃんと取り上げてくれるのです。
ホメオパシーは、レメディ選択の点でも、人にやさしいと感じます。

主婦の方は、ホメオパシーを用いながら、ウォーキングを再開されました。

「なんだか、あまり気にならなくなった気がします。
トイレのことをすっかり忘れているときもありますしね」

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。