ホメオパシー

うつ病のホメオパシー

30歳の女性、会社員の方が来院されました。
にこにこして、とても感じの良い、かわいらしい方です。

5年前から、うつ病で精神科に通院されているそうです。
最近は、かなりよくなってきて、薬も減量できているのですが、
最後の薬をなかなかやめることができません。

薬を完全にやめられるよう、なにかいいものはないかと探していたところ、
知人から、ホメオパシーのことを聞き、来院されました。

うつ病になったきっかけは、職場だと言います。
大学卒業後、入社した会社で、人事部に配属されました。
はじめは、一般事務全般を扱っていたのですが、
そのうち、退職される方の事務手続きを担当することが多くなりました。

しばらくして、自分の仕事内容に違和感を覚え、ひどい疲労感に悩まされるようになりました。
実は、退職者のほとんどは、リストラ退職者だったのです。
会社の経営状況が悪いことも、入社後、初めて知り、ショックを受けました。

「自分はリストラを助けているのではないか」
「入社数年目の自分が、勤続何十年という人の退職を助けるなんて…」
次第に、自分の仕事に罪悪感を感じるようになったと言います。

「辞めさせないといけない会社の事情も理解できます。
でも、退職させられる人の事情を考えると…。
私にはどうすることもできなくて、とてもつらかったです」

そのうち、大変信頼していた上司が突然退職してしまいます。
リストラによる退職だったと聞き、大変ショックを受け、それ以来、眠れない日が続きました。
勤務中、突然涙がこぼれ、仕事が手につかなくなり、精神科を受診します。
うつ病と診断され、治療を始め、同時期に会社も辞めました。

治療を初めて、徐々に体調も良くなり、眠れるようになりました。
会社から離れることができ、とても気持ちが楽になったと言います。

経過は良好で、薬もどんどん減量していったのですが、最後の薬をやめることができません。

「薬がないと不安になるからかもしれないし、
本当に薬がないとだめなのかもしれません。
でも、できれば、薬がなくても大丈夫になりたいんです」

お話をお聞きしていると、とても情愛の深い、優しい方です。
一方で、非常に繊細で、傷つきやすい心の持ち主です。
仕事に対する責任感が強く、お世話をする際の心遣いを忘れません。

彼女には、Natrum muriaticumを処方しました。

2か月後、
「ホメオパシーレメディを服用していると、なんとなく安心します。
自分は大丈夫という気持ちになります。
精神科の主治医の先生に、薬をやめられるように相談してみようと思います」
と話してくださいました。

精神科の薬も、ホメオパシーも両方続けながら、
あせらず減量していけるといいと思います。

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。