催眠療法

前世の約束

催眠療法を希望して来院されたのは、
ヨガインストラクターの30歳女性です。

それは、ヨガ講習を受けるため、タイのチェンマイに滞在した時のことでした。

受講先の学校で日本人男性と知り合いました。
学校で会うたび言葉を交わすようになり、
次第に、この人は「特別な人だ」と確信を持つようになったのです。

日本に帰国した後も、その気持ちは一層膨らむばかり。
次第に、彼のことが頭から離れなくなってしまいました。

何をしても、彼のことばかり考えてしまいます。
「こんなことではだめだ、彼のことは振り切って、前へ進まなくては」
そう思うのですが、そう思った矢先、彼のことを思い出してしまうのです。

どうしてこんなに、彼のことが気になるのだろう?
ただ単に気になる存在というだけではなく、
「過去に縁のあった人」だと感じていました。

そして次第に、
彼とともにあった過去世を知りたい、
「チェンマイでまた会おう」と約束した前世を知りたい、
と思うようになります。
そして過去世退行催眠を受けようと決意したのでした。

いよいよ、催眠療法が始まり、
現世へのつながりを感じさせるような過去世を経験されました。

過去世では、幼くして両親をともに亡くし、
病気がちな幼い弟を看病しています。

弟のために、ハーブを用いた体にやさしい料理を作ってあげています。
次第に、もっとハーブのことを学びたいと思うようになり、都会へ出ていきました。
するとしばらくして弟さんは亡くなってしまい、そのうえ戦争が勃発したのです。

何もかも亡くした彼女は、修道女になりました。
そして、貧困者をはじめ多くの人々を癒す仕事に心血を注ぎました。

ハーブを用いて、体にやさしい料理を作っています。
彼女の料理はおいしいと評判になり、たくさんの人が集まるようになりました。
みんなが喜んでくれる姿を見て、自身の仕事に幸せを感じています。

過去世での一生を経験した後、彼女のマスターさんをお呼びしました。

マスターは人によって異なります。
仙人のようであったり、天使のようであったり、様々な姿で現れます。

マスターはどんな方なのか、私が尋ねますと、
マスターは背中に大きな青い羽をもっていると彼女は答えました。
そして、マスターに今世での自身の使命を尋ねました。

「何も心配することはない…、
あなたはいつも悩みすぎている…、
もっと人生を楽しく」

「どのような人も生かしてあげること、それがあなたの役割」
マスターの言葉は、彼女の胸に深く刻まれたようすでした。

催眠療法から覚めた後、
「過去世での弟さん」が「チェンマイの彼」だったと思うと話されました。

「全然違う顔だけど、彼だということは、目をみたらわかります」

催眠の中では、彼との再会を約束した場面はありませんでしたが、
そのこと以上に、心の奥深くに残る何かを得たようすでした。
私も、静かな感動を感じながら、催眠療法を終えました。

それから数日たって、とても素敵なメールをいただきました。

「催眠療法の翌日、川でカワセミを見ました。
背の青いカワセミをみて、マスターがいつも見守ってくれていると感じました。

催眠療法を受けて、気持ちがとても楽になりました。
以前あった過去への囚われもなくなり、
今はしっかり前を向いて進んでいます」

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。