心療内科の薬がこわい

33歳の男性です。
心療内科でうつと診断され、薬を処方されました。

ところが、処方薬を飲むと、
自分ではなくなってしまうような、
奇妙な感覚におそわれるようになり、
こわくて薬を飲み続けることができません。

すぐに病院に行って、薬を変更してもらったのですが、
どの薬も、すごく嫌な感じがして、どうしても飲めません。

「薬を飲むと、もう、自分じゃなくなってしまうような感覚があって、
もう、こわくてこわくて…、
こんなこわいもの、飲めない!って思いました」

病院でバッチフラワーのことを聞き、来院されました。
バッチフラワーレメディは、自分に合っている気がしたのだそうです。

状態が悪くなったきっかけは、転勤でした。

東京から大阪に転勤となったのですが、
配属された部署は人手が足らず、
仕事量が多くて、深夜まで残業ということも珍しくありません。

そのうえ、はじめての関西!
慣れない環境に、なおいっそうの疲労を感じます。

仕事以外に、もうひとつ、大きな問題がありました。

真剣に結婚を考えていた彼女がいたのですが、
両方の家族から反対され、
二人の間に暗雲が立ち込めるようになっていたのです。

そうこうしているうちに、自分が転勤となり、
仕事が忙しいこともあって、
連絡を取り合うことも難しくなってしまいました。

久しぶりに、彼女に電話をしたところ、
彼女の方から別れを切り出され、
とりつくしまもなく、電話を切られてしまったのだそうです。

それから、なお一層の疲労感におそわれるようになり、
夜も眠れなくなりました。

毎日、仕事に行くのもつらくてたまりません。
朝、起き上がるのもやっとなのです。

バッチフラワーレメディのウォルナットは、
転勤、引っ越しなど、
環境の変化になかなか適応できないとき、助けになります。

心身ともに疲労困憊のご様子なので、オリーブは必要ですね。

結婚を考えていた恋人と、急に別れることになってしまい、
声をかけるのもためらわれるほど、気落ちしておられますので、
ゲンチアナも選びました。

トリートメントボトルをお作りして、3週間後です。
初診時がうそのように、驚くほど明るい表情です。

「バッチフラワーレメディをとると、とても安心します。
自分は大丈夫だって、自信もわいてくるんです。

こんなふうな自分でいたいと思うような、
ありたい自分でいられる気がするんです。

バッチフラワーはもう手放せない!って思っています」

「仕事のほうは毎日大変ですけど、なんとかこなしています」

「実は、思い切って、彼女に電話をしたんです。
会ってくれるっていうんで、この週末、東京に帰るんです。
彼女とちゃんと話をしようって思ってます。

ちょっと、どきどきですけど、
ここは頑張らないといけないよなって思ってます。

なので、また、トリートメントボトル、お願いします。
バッチフラワーはもう、お守りみたいな感じになってますね」

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。