がんになって、家族に申し訳ない

39歳、女性、会社員の方がお見えです。
ご両親と三人暮らしだそうです。

ご自身が乳がんとわかり、半年ほど前に手術を受けられ、
放射線治療の後、化学療法を続けておられます。
体調がすぐれないため、今は会社をお休みされています。

化学療法をはじめてから、食べられなくなってしまってと、
静かに微笑みながら、ゆっくりと話し始めました。

「私ががんになってしまったので、両親はとても気落ちしています。
食事の時も、ほとんど話すことなく、しーんとしてしまいました。

すっかり、家の中が暗くなってしまって…。
それもこれも、私ががんになったからなんです。

だって、そうですよね。
わたし、39歳で独身なんですよ。
結婚もしていないのに、乳がんになっちゃって…、
私、これからどうなるんだろうって、自分でも思います。

両親は、私ががんになったこともショックだし、
私のこれからのことを考えると、なおさら暗くなってしまうんだと思うんです。

私のせいで、家族まで暗くなって…、
両親には、本当に申し訳ないと思っているんです」

「私が病気になったせいで、家が暗くなってしまってごめんね」
って言ったら、両親は
「そんなことはないよ。あなたは全然悪くないのよ。
そんなこと考えないで、あなたは治療に専念してたらいいのよ」って言ってました。

「それでもやっぱり、私は両親にとても迷惑をかけてるって思います。
早く良くなって、私が、家の中を明るくしなくてはって思うんです」

少し前に、友人からバッチフラワーレメディの話を聞き、
自分に合っているのではと思ったそうです。

彼女には、バッチフラワーレメディのパインをお出ししました。

パインは、自己非難や罪の意識を感じる人のためのレメディです。
そのような方は、必ずしも自身の責任でない場合でも、罪の意識を感じてしまいます。

さらに、病気になったことによる、将来の不安を口にされていますので、
バッチフラワーレメディのミムラスを加えました。

ミムラスは、原因のはっきりした恐れや不安を感じる人のためのレメディです。

3週間後。
「とても気持ちが楽になって、熟睡できるようになりました」

それは、良い変化があってよかったです。
前回は「病気になって、両親に申し訳ない」と言われていましたね。

「そういえば…、
申し訳ないって、あんまり思わなくなりました。
そういえば…、そうですね…。
先生に尋ねられて、今、気が付きました(笑)」

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。