ぐっすり眠るために

2017.6.18から始まった、
風邪をひきやすくて、疲れやすい女性のお話です。
今回も、まだまだ続きます。

彼女には、より良い睡眠をとれるように、
さまざまな生活上のヒントをお伝えしました。

そのひとつが、朝日を浴びることです。

寝るのは夜なのに、注意するのは朝なの?
と思いますよね。

そうなんです。
眠るためには、朝が大切です。

朝日を浴びて目覚めることが、
夜、熟睡することにつながるのです。

これは、どういうことでしょう?

ヒトの体は、朝、強い光を受けることで、体内時計がリセットされ、
その15-16時間後に、眠くなるようにできています。

また、夜になって暗くなり、
目の網膜が受ける光情報が消えることによっても
ヒトは眠くなります。

ですから、お休み前には、
ブルーライトを発するスマートフォンを避けたほうがいいのです。

朝は、太陽の光を十分に受け、
日中は活動的に行動し、
夜になったら、部屋の照明を落とす。

これが、ぐっすり眠るためのポイントです。

良い睡眠のためのヒントは、次回も続きます。

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。