催眠療法

不思議な経験をしました

「とても不思議な経験をしたんです」

40歳の女性の方です。
診察中、病歴をお聞きしていたところ、
急に、私を真正面からじっと見つめ、思い切ったように話し始めました。

「交通事故にあって、救急車で病院に運ばれたんです。
意識が無くて、その時のことは何も覚えていないんですけど…。
とにかく、そのあと、脳外科で緊急手術になったんです」

彼女は、瞳をキラキラさせ、にこにこしながら話を続けました。

「その間、夢を見たんです。
部屋が6つくらいあるところにいて、
私は、一番奥の部屋に通されました」

「部屋に入ったら、白いきれいなおじいさんがいて、
あなたはまだ来てはいけないよと言われました。
それで、部屋を出なくてはいけなくなりました」

「でも、そこはとても気持ちのいいところだったんですね。
わたしは部屋の奥まで行きたいなと思っていたんです。
でも、出なくてはだめ、戻りなさいと言われたので、部屋を出ることになって…。
それでその後、目が覚めたら、病室にいたんです」

「目が覚めたとき、主人に、夢で見たことを全部話しました。
うんうんって、聞いてくれて」

「あれは臨死体験だったのだろうと思います。
とても気持ちのいいところでした。
戻りたくないって思いました」

「あれから、同じ体験をした人に何人か会いました。
みんな行ったところは、いろいろで、お花畑だった人とか、大きな川だった人もいます。
でも、とても気持ちのいいところだった、というのは同じなんですね」

「主人やお友達に、死ぬときはこわくないし、さみしくなんかないんだよって話しています。
とても気持ちのいいところなんだよって言っています。
みんなも、そうなんだって思ってくれてるみたいです」

とても貴重な話で、聞き入ってしまいました。

催眠療法のなかで、過去世での死の場面を経験する場合がありますが、
みなさん、この方と同じような感覚を口にします。

「とても気持ちがいいです。平和で穏やかな気持ちです」

「一人ぼっちでなくなったけど、さみしいというような感覚はありません。
とても静かで、穏やかな気持ちです」

催眠療法の後に感想をお聞きしますと、
「死の場面は怖いのかと思っていたら、そんなことは全然なくて、とても気持ちがいいのですね」
と話された方もいらっしゃいました。

今回、話してくださった女性の方は、周りの人たちに、その貴重な経験を語るなど、勇気があると思います。
また、それ以上に、彼女の話を真剣に聞き、受け止めた周りの人たちにも感心しました。
彼女は、いい人たちに囲まれて幸せだなって思います。

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。