毎日死にたいと思っていたこどものころの話

私は子供のころ、毎日、死にたいと思っていました。

親から毎日のように怒られ、ひどい言葉をかけられ、家の中は地獄のようでした。

親にすら理解してもらえないのですから、世界中のだれからも理解されない気がします。

暗くて広い宇宙のなかで、ひとりぼっちだと感じていました。

「生きてるといいことあるよ」

ある日、どうしようもなく、胸のつぶれるような出来事があり、
いよいよ、どうやって死のうかと真剣に考え始めます。

こういう方法だと痛いのかな?

ほかに方法があるかなぁ、
思いつかない…。

暗く、うつうつと考えていると…、突然、

(生きてるといいことあるよ)

っていう声が聞こえたんです。

どこから聞こえたのか、わかりません。

誰の声なのかもわかりません。

でも、なんだか暖かい、その声を聞き、死ぬ方法を考えることをやめました。

そして、なんだかほっとしたのを覚えています。

こどものころ聞いたのはだれの声?

その後、医学部に入り、卒業して医師になります。

大学医局を変わって数年後、専門医をとり、学位をとり、なんだかほっとしたときふと、

(そういえば、こどものころ、毎日死にたいと思っていたけど、生きてるといいこともあるね)

って思ったんですね。

(あれ?あのときの声と同じこと言ってる…。
生きてるといいことあるって
あれは、自分の声だったのかな?)

でも、どう考えても、そんなことあるわけないですよね。

声のことはよくわからないまま、さらに月日が流れました。

将来の自分が、現在の自分を助けてくれる

右側は宮崎ますみさん。

その後、私は、九州大学に移り、再び大阪に戻り、病気を患い、常勤をやめます。

そして、さまざまな補完代替医療を学び始めました。

催眠療法のセミナーに参加したときのことです。

そのソマティック療法のセミナーには、元女優の宮崎ますみさんも出席されていました。

宮崎ますみさんは、その時点ですでに長年、催眠療法士として活躍されていて、講師側のテーブルにすわっておられました。

セミナーのはじめに、みんなが簡単な自己紹介をすることになり、
宮崎ますみさんは、ある映画撮影のときの体験談を話されたのです。

「その映画の撮影で、私は、精神的にとても追い込まれていて、すごく苦しい思いをしていました。

こんな状態がいつまで続くんだろう。

私は、最後まで頑張れるのだろうか。

映画はほんとうに完成するのだろうか。

さまざまな不安や恐れが渦巻いていました。

そんなある夜、宿泊先の窓を開け、夜空を見上げていると、

『だいじょうぶ、うまくいくよ』

って言う声が聞こえました。

『映画は成功するから、心配しなくてだいじょうぶだよ』

その声と同時に、たくさんの人が映画を見てくれている場面が思い浮かびました。

そのことがあって、私は、最後までがんばって撮影をやり通すことができたんです。

そのときの声は、自分の声だってことが、私はわかっていました」

宮崎ますみさんの話を聞いて、私は、心が震えました!

そして、確信したんですね。

あっ、やっぱり、あの声はわたしの声だったんだ。

(生きてるといいことあるよ)

大人の自分の思いが、悩み苦しんでいた子供時代の自分に届いていたんだ。

パラレルワールドって、こういうことなんだね。

何のことかわからなかったけど、パラレルワールドってほんとうにあるんだ!

それまで、何のことはさっぱりわからなかった時間の観念も、パラレルワールドも、このとき、始めて理解することができました。

幼少時退行催眠

幼少時退行催眠では、おとなの自分が、幼い自分のそばに寄り添い、慰め、元気づけてあげる場面があります。

ときには、幼い自分にかわって問題を解決するべく、幼い自分にひどいことをするおとなと対峙することもあります。

私は、この自身の経験から、
催眠下でのその行為が、どれほど深い意味のあることなのか、よく理解することができました。

大人の自分が、幼い自分を慰め、怖い大人から守ってあげる。

なんだか、催眠状態でないとできない、特別なことのように思われるかもしれません。

でも実は、催眠状態でなくても、毎日の生活のなかでできることなんです。

その方法はとても簡単。

幼い自分に、「大丈夫だよ、うまくいくよ」って話しかけるだけでいいんです。

そうすると、幼い自分は安心するんですね。

幼い自分が安心して落ち着くと、それがまわりまわって、おとなの自分も元気になるんです。

幼い自分に声をかけるとしたら、あなたはなんと声をかけてあげますか。

なんと、声をかけてあげたいでしょう。

幼いころ、とてもつらい思いをされている方は、ぜひ、小さな自分に、声をかけてみてください。

そうすると、小さな自分がどんなようすなのか、感じてみてください。

きっと、今の自分も落ち着いてくるのを感じるはずです。

関連記事です。
娘に嫉妬する母親
毒親育ちさんは不安を感じやすい
親がこどもに進路を押し付ける
毒親育ちは肩こりさん

※ご本人の了解をいただき、掲載させていただいています。
趣旨をゆがめない程度に、年齢や性別などの背景を変えたり、
他の患者さんを組み合わせるなどして、実際の症例に変更を加えています。
また、理解しやすいよう、内容を単純にし、処方内容も一部に限定していることをご了承ください。

診療内容:
症状:

クリニック情報

「クリニック千里の森」は、バッチフラワーレメディ・ホメオパシー・栄養療法・催眠療法を用いた、補完代替医療・統合医療の心療内科クリニックです。完全予約制、自由診療となります。

完全予約制 月曜・火曜(15~17時)

住所
〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-17
グリーンプラザ千里古江台303号室
最寄り駅
阪急電鉄「北千里」駅徒歩8分

Google Mapで見る