大阪・吹田市の薬に頼らない心療内科ならクリニック千里の森

06-6155-7238

完全予約制 月曜・火曜(15~17時)

CBDオイル

コラム

クリニック千里の森では、CBDオイルを取り扱っています。

CBDオイルは、
癌、てんかん、認知症、自閉症、うつ病、不安障害、炎症性腸疾患、疼痛、自己免疫疾患
などのさまざまな疾患に用いられ、
さらに原因不明の困った症状にも使用されています。

今回は、CBDオイルについて説明するとともに、
さまざまな疾患に効果を示す作用機序についても解説します。

CBDオイルとは

CBDオイルは、薬用植物である麻の茎と種から抽出され作られます。

大麻草には、カンナビノイドと呼ばれる生理活性物質が100種類以上認められ、
その中で最も有名な成分がTHC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)です。

THCは精神作用を持つことから日本では法律で規制され、使用することはできません。
そのため、日本では、THC以外のカンナビノイドが用いられています。

CBDは、
抗痙攣作用、抗炎症作用、抗不安作用、降圧作用のほか、癌の細胞死を誘導する作用
を持つことがわかっています。

効果

植物の成分であるカンナビノイドが、なぜ、ひとのさまざまな症状に効果があるのでしょう。

人間を含め、全ての脊椎動物はみな、内因性カンナビノイドを持っています。

内因性カンナビノイドは、体内でさまざまな機能を制御しており、
これをエンド・カンナビノイド・システム(ECS)といいます。

ECSは全ての脊椎動物が持つ生体の制御システムであり、
食欲、睡眠、性行動、疼痛、免疫、感情、運動機能、発達、老化、認知、記憶
などをコントロールしています。

強いストレスを受けたり、加齢に伴う老化によって、
ECSの働きは低下し、カンナビノイド欠乏状態に陥り、
さまざまな病気を引き起こします。

そこで、植物由来のカンナビノイドを用いて、内因性カンナビノイドの欠乏を補うのです。

ECSの機能低下が関与していると考えられる病態は、下記のようにさまざまです。

癌、不眠症、さまざまな疼痛、嘔吐、関節炎、てんかん、糖尿病、虚血性心疾患、認知症、自閉症スペクトラム、うつ病、不安障害、統合失調症、炎症性腸疾患、多発性硬化症などの自己免疫疾患
といった、よく知られた病気から、原因不明の症状まで、
多くの疾患にCBDオイルの利用が試みられています。

ブロードスペクトラムCBDオイル

日本で使用されているCBDオイルの大半は、CBDだけを含む、単成分のアイソレートです。

しかし、生薬は「多成分」であることに意味があります。

多くの成分が相乗効果をもたらし、さらに副作用の軽減にも働くのです。

効果からみて、全草成分(フルスペクトラム)が望ましいのですが、
現在の日本の法律では、花や葉からの抽出や、THCの残存は禁止され、フルスペクトラムの製品は使用できません。

アイソレートでは効果不十分、
フルスペクトラムでは法律的に使用不可能…、
ということから、ブロードスペクトラムのCBDオイルを用いています。

ブロードスペクトラムとは、花や葉からの抽出はなく、THCを含まないけれども、できるだけフルスペクトラムに近いヘンプオイルのことです。

クリニック千里の森で取り扱っているCBDオイルは、次にあげる7つの条件が整った製品です。

ブロードスペクトラム
服薬に支障がない範囲で高濃度
完全オーガニック
国際的な薬品の生産品質規範であるGMPGood Manufacturing Practices)や食品製造の安全性基準であるHACCEPを取得
THC成分の検出などにより税関で止まることのない、万全の検査体制
継続可能な価格

これまでのCBDオイルは、医療関係者がほとんど関与しない形で流通していました。
そのため上記を全て満たす製品は非常に少なく、価格も全般的に高すぎる印象でした。
さらに安定供給にはほど遠く、大手の販売元ですら税関の検査が通らず、販売中止となるケースもあったのです。

服用方法

1回0.5ml12回(起床時・就寝前)、
もしくは、
111ml程度を就寝前などに舌下に入れます。
付属のスポイトで正確に0.5ml1mlを測ることができますので、そのまま舌下に滴下するか、スプーンなどを用います。
しばらくそのままにして少しずつ飲み込みます。
すると、いつのまにかなくなる感じです。
舌下は血管が多く、よく吸収されるため、数分で速やかな効果を得られます。

安全性

治療目的でCBDオイルを用いたとき、生命にかかわる重篤な有害事象はほとんど見られていません。
わずかに傾眠や吐き気などの神経、精神症状、消化器症状がみられています。
傾眠や、眠気がみられる場合は、就寝前の服用から始めるとよいでしょう。

大麻に対するアレルギーをお持ちの方もいらっしゃいます。
最初は少量から始めて、アレルギーがないかどうかを確認し、すこしずつ増量することをお勧めしています。

次回は、エンドカンナビノイドシステムについてさらに解説します。

参考文献:
カンナビノイドの科学 日本臨床カンナビノイド学会 築地書房
CBDのすべて アイリーン・コニェツニー ローレン・ウィルソン 晶文社
臨床CBDオイル研究会

※関連記事です。
エンドカンナビノイドシステムを高める4つの習慣
CBDオイルが用いられるさまざまな症状
CBDオイル服用前に知っておきたい6つのこと
父の認知症を改善したい

関連キーワード:

関連トピックス

コラム

CBDオイルが用いられるさまざまな症状

CBDオイルの適応疾患は多岐にわたります。よく用いられる不眠、不安、うつのほか、疼痛、てんかん、がん、片頭痛があげられます。そのほか、関節炎、多発性硬化症、皮膚疾患、自閉症スペクトラム、潰瘍性大腸炎、クローン病、自己免疫疾患などさまざまな疾患に用いられています。

関連症例紹介

パンしか食べない母の認知症が心配です

母がパンばかり食べるようになり、体調、認知機能ともに悪化したという相談を受けました。三食料理を作ってもらうようにしたところ、体調も認知機能も改善したのですが、夜が不安で眠れないというお悩みに対して食事、栄養による改善方法を説明しました。さらに希望されたCBDオイルについても解説しています。

栄養療法とCBDオイルによる発達障害治療薬の減薬

幼少期に、知的障害をともなう発達障害と診断され、服薬治療通院中の女性のご相談です。CBDオイルなど、薬以外の治療法を希望して来院されました。CBDオイルのほか、バッチフラワーレスキュースプレーやホメオパシー、栄養療法を行ったところ、症状の軽快が見られ、減薬を始めたと言われましたので、その経過をご紹介します。

父の認知症を改善したい

父親の認知機能低下をなんとかしたいと娘とともに来院されました。認知機能向上のためには食事、睡眠、運動など生活習慣の改善がとても大切です。そのほかCBDオイルなどサプリメントも始めることになりました。家族みんなで協力しあった結果、三ヶ月後には症状軽快を感じられ、さらに続けたいと再診に来院されました。

人の顔色をうかがってしまう

自分の価値が感じられず、死にたくなるくらいつらくなるという女性が来院されました。幼少期、体調不良の家族に気を遣っていたと言われ、おとなになった今でもいつも他人の顔色をうかがってしまいます。まず、他人に気を遣う自分の癖に気づき、他人に対するのと同じくらい自分を大切に扱う方法をお伝えしました。

クリニック情報

「クリニック千里の森」は、栄養療法・バッチフラワーレメディ・ホメオパシー・催眠療法を用いた、補完代替医療・統合医療の心療内科クリニックです。完全予約制、自由診療となります。

完全予約制 月曜・火曜(15~17時)

※電話受付時間:平日10:00〜18:00

住所
〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-17
グリーンプラザ千里古江台303号室
最寄り駅
阪急電鉄「北千里」駅徒歩8分

Google Mapで見る