大阪・吹田市の薬に頼らない心療内科ならクリニック千里の森

06-6155-7238

完全予約制 月曜・火曜(15~17時)

CBDオイルのことがもっとよくわかる大麻の話

コラム

前回CBDオイルについて紹介しました。

CBDオイルについてはじめて聞いた方の中には、
なんだか実態がよくつかめないと思われた方もいらっしゃるかもしれません。

大麻というと違法薬物のイメージですし、抵抗感もありますよね。

その一方で、世界では、大麻を用いた治療研究が進められ、
医療用大麻解禁の動きも見られます。

今回は、大麻草について知っていただき、
さらに私たちの体の中での、カンナビノイドの働きについて解説します。

大麻草って、抵抗感しかない

「大麻草から作られるCBD
と聞いて、抵抗感を感じる方は多いかもしれません。

私も初めて聞いたときは、抵抗感しかありませんでした。

大麻って、ダメでしょ…。

それに、法律とか、その他、さまざまな規制を考慮しなくてはならない、
厄介なものなんじゃないの?
そういうたぐいのものからは、できるだけ避けたいよね、
というのが正直なところでした。

けれども、CBDオイルの効果や、大麻の歴史的な変遷を知るにつれ、
どうして大麻は悪になってしまったのか、
もっと多くのことを知りたい、という気持ちに変わりました。

古来、大麻草は身近な植物でした

麻、大麻、大麻草、ヘンプ、マリファナ…、すべて同じ植物のことです。

大麻は、有史以来、世界中の人々の暮らしのなかで、様々な用途に使われてきました。

大麻草の草や柄から採れる繊維は、衣服や縄、建材に用いられ、
葉、花穂は生薬に、
種子は食物として必須脂肪酸やたんぱく質を提供してきたのです。

ところが、近年になって、法律で厳しく規制されるようになりました。

さらに、最近では、合法化に踏み切る国や地域がでてくるなど、
様相は複雑化しています。

日本では、麻薬撲滅キャンペーンの広まりにより、
覚せい剤や麻薬と同列とみなされ、ほぼ悪のイメージです。

しかし、日本の歴史をさかのぼると、古来から神事で用いられ重要な役目を果たしてきました。
麻は清めと祈祷の象徴として拝み奉られていたのです。

また戦前は、日本のいたるところで、大麻草が植生していたとも言われており、
大麻が身近にある環境のなかで、人々は生活していました。

また、漢方薬としても用いられており、
「麻子仁」として多用される種子のほかにも、
根、茎、葉、花穂と、捨てるところなく全草が薬となります。

このように見ていくと、大麻草のイメージは、
ずいぶん変化してしまったことがわかります。

私たちの体の中でも、カンナビノイドは働いています

大麻草は100種類以上の薬効成分を含んでおり、
それらを総称してカンナビノイドと呼んでいます。

ひとには、大麻草由来のカンナビノイドを利用したり、
分解したりするシステムが備わっています。

実はそれだけではありません。

ひとは体内で、カンナビノイドを合成、分解しているのです。

これらのシステムを、「エンドカンナビノイド システム」と呼びます。

このエンドカンナビノイド システム(ECS)は、以下のような、
ひとの体のあらゆる面をコントロールしています。

睡眠
食欲、消化機能
気分
運動制御
免疫機能
痛み
炎症
神経細胞の成長

ひとの体はさまざまなバランスを自動で調整しています。
エンドカンナビノイドシステムは、このバランスを整える作業を行っているのです。

ところが、老化や、栄養素の不足、重金属の蓄積などにより、
エンドカンナビノイド システム(ECS)の働きが低下すると、
体内のコントロールがうまく働かなくなり、不調を感じるようになります。

そこで、大麻草由来のカンナビノイドを摂取することで、
体内のECSを助けるのです。

生まれつきエンドカンナビノイドが不足していたり、
老化やストレスで低下している方に、CBDを用いることで、
その人本来のバランスを取り戻すことができるのではないかと考えられています。

その作用機序はまだはっきりわかっていないことが多いのですが、
体内で作られたエンドカンナビノイドを分解する酵素の働きを弱めることがわかっています。

エンドカンナビノイド システムを高める4つの習慣

外から大麻草由来のカンナビノイドを摂取する方法以外にも、
エンドカンナビノイド システム(ECS)をサポートする方法があります。

毎日の生活の中でできる、4つのポイントをまとめました。

食べ物に気を付ける

野菜、豆、玉ねぎ、キノコ類、ベリー類、種子類を多く摂りましょう。

カンナビノイドシステムのためだけでなく、体にとっても積極的にとりたい食べ物です。

運動習慣を持つ

中程度以上の運動を行うことで、体内のエンドカンナビノイドの量は増加します。

体重をコントロールする

体重のコントロールは、高血圧をはじめとする生活習慣病予防の際でも重要なポイントです。

ヨガ、瞑想、呼吸法

ストレスはエンドカンナビノイド システム(ECS)を消耗させます。

ストレスを避け、これらを上手に解消することは非常に重要です。

ヨガや瞑想、呼吸法はストレス管理の目的だけでなく、
心身の健康のためにもお勧めしたい習慣です。

次回は、カンナビノイドがどのような疾患に、
どのような効果があるのかについて解説します。

参考文献:
カンナビノイドの科学 日本臨床カンナビノイド学会 築地書房
CBDのすべて アイリーン・コニェツニー ローレン・ウィルソン 晶文社

※関連記事です。
CBDオイル
CBDオイルが用いられるさまざまな症状
CBDオイル服用前に知っておきたい6つのこと
父の認知症を改善したい

関連キーワード:

関連トピックス

コラム

CBDオイルが用いられるさまざまな症状

CBDオイルの適応疾患は多岐にわたります。よく用いられる不眠、不安、うつのほか、疼痛、てんかん、がん、片頭痛があげられます。そのほか、関節炎、多発性硬化症、皮膚疾患、自閉症スペクトラム、潰瘍性大腸炎、クローン病、自己免疫疾患などさまざまな疾患に用いられています。

コラム

CBDオイル

CBDオイルは、大麻草の茎と種から抽出されるCBD(カンナビジオール)を主としたヘンプオイルです。癌、てんかん、認知症、自閉症、うつ病、炎症性腸疾患、疼痛、自己免疫疾患などのさまざまな疾患から、原因不明の症状に対して幅広く用いられています。今回はCBDオイルについて、作用機序も含めて解説します。

関連症例紹介

パンしか食べない母の認知症が心配です

母がパンばかり食べるようになり、体調、認知機能ともに悪化したという相談を受けました。三食料理を作ってもらうようにしたところ、体調も認知機能も改善したのですが、夜が不安で眠れないというお悩みに対して食事、栄養による改善方法を説明しました。さらに希望されたCBDオイルについても解説しています。

栄養療法とCBDオイルによる発達障害治療薬の減薬

幼少期に、知的障害をともなう発達障害と診断され、服薬治療通院中の女性のご相談です。CBDオイルなど、薬以外の治療法を希望して来院されました。CBDオイルのほか、バッチフラワーレスキュースプレーやホメオパシー、栄養療法を行ったところ、症状の軽快が見られ、減薬を始めたと言われましたので、その経過をご紹介します。

父の認知症を改善したい

父親の認知機能低下をなんとかしたいと娘とともに来院されました。認知機能向上のためには食事、睡眠、運動など生活習慣の改善がとても大切です。そのほかCBDオイルなどサプリメントも始めることになりました。家族みんなで協力しあった結果、三ヶ月後には症状軽快を感じられ、さらに続けたいと再診に来院されました。

人の顔色をうかがってしまう

自分の価値が感じられず、死にたくなるくらいつらくなるという女性が来院されました。幼少期、体調不良の家族に気を遣っていたと言われ、おとなになった今でもいつも他人の顔色をうかがってしまいます。まず、他人に気を遣う自分の癖に気づき、他人に対するのと同じくらい自分を大切に扱う方法をお伝えしました。

クリニック情報

「クリニック千里の森」は、栄養療法・バッチフラワーレメディ・ホメオパシー・催眠療法を用いた、補完代替医療・統合医療の心療内科クリニックです。完全予約制、自由診療となります。

完全予約制 月曜・火曜(15~17時)

※電話受付時間:平日10:00〜18:00

住所
〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-17
グリーンプラザ千里古江台303号室
最寄り駅
阪急電鉄「北千里」駅徒歩8分

Google Mapで見る